Loading...

医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院

医療レーザー脱毛

剛毛なのは私だけ?聞きたいけど聞きにくいVIO脱毛についてのお話し。 最終更新日: 2024.01.31

VIO脱毛は今となってはエチケットです。

エチケットですが相談しにくいことの1つです。今回はVIO脱毛の全てを解説していきます。回数や使用する機械についてだけではなく、なぜVIOの毛は濃いのか?ケア方法まで徹底解説していきます。

VIOが剛毛になる原因とは?深堀りしてみよう

遺伝や体質との関連性

毛は遺伝します。これは明確です。体質に関してはホルモンバランスにも関係してくるので次の項目で解説していきます。遺伝子は親がとても濃いからと言って100%遺伝するわけではありません。毛に関してとても興味深い資料があり、ある大学グループのアンケート結果によると、ある遺伝子に『G』を持つ方が『A』を持つ方より毛深いという事が分かりました。具体的には以下の通りです。

  • GGの遺伝型 ⇒ 毛深いタイプ
  • GAの遺伝型 ⇒ やや毛深いタイプ
  • AAの遺伝型 ⇒ 毛深くないタイプ

このようにデータとしてあると毛と遺伝の関わりがあることが明確ですね。

日本人女性のゲノムワイド関連研究により、15の新たな皮膚関連形質の関連性が特定される

参考元:PubMed (アメリカ国立医学図書館(NLM)が提供する、医学関連分野の文献データベース学術論文より)

ホルモンバランスとの関係

毛は遺伝するだけではなくホルモンバランスも関係してきます。男性ホルモンが優位になると毛は濃くなりやすくなります。またホルモンバランスは簡単に崩れてしまいます。原因としてストレスや寝不足・食生活で崩れるため、注意して生活しましょう。女性の方は知っている方もいるかと思いますが、大豆イソフラボンはご存知ですか?大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た作用があります。

VIOのセルフケア

VIOをセルフケアする事はとても大切な事です。では実際にどの様に行えば良いのでしょうか?

おすすめのセルフケア方法

そもそもVIOのセルフケアとはなんだろうと思う方も多いかもしれませんが、女性にとってとても大事な部位である事は皆さんご存知かと思います。それだけ大事な部位なのにも関わらず何もケアしていない方がほとんどです。最近ではフェムケア商品が徐々にドラックストアでも売られるようになりました。ケア方法は大きくわけて2つあり「洗い方」と「保湿」です。みなさん当たり前のように毎日身体を洗っていますよね。そのボディソープでVIOも洗っていませんか?ほとんどの方が同じボディソープで洗っています。現在販売されている多くのボディソープはとても洗浄力が高いです。綺麗にする事は大切な事ですが、VIOは洗浄力がたかすぎで、逆に肌が荒れてしまったり、乾燥感を強めてしまいます。そのためお肌に優しいデリケートゾーン専用のボディソープを使って洗いましょう。また泡で出るタイプを選択する事で擦りすぎを防ぐ事ができるためおすすめです。

保湿ですがVIOの保湿はあまりイメージ出来ない方も多いですがこちらも洗い方で説明した時と同様ですが、フェムケア用を使用するのが最適です。塗る時ですが粘膜部には塗らないようにしましょう。粘膜部は普通の肌とは違い吸収しやすいです。そのため人によっては赤くなってしまったりする可能性がありますので、あまり内側まで塗りすぎないようにしましょう。

肌荒れを防ぐポイント

VIOの肌荒れと言われても分からない方が多いです。そもそも肌荒れに気付いていない方も多いです。なかなか自分で把握する事は難しいため、その分毎日のケアや保湿が大事なのです。また皮膚への擦れも肌荒れの原因となりますので、肌に優しい素材を使った下着や締め付けが少ない下着を使用することも良いでしょう。黒ずみにもなりにくくなるため一石二鳥です。

脱毛サロンと美容クリニックの違い

よく比較される脱毛サロンと美容クリニックですが似ているようで似ていない大きな差があります。

使用する機器の差

まずは機械ですが、簡単にお伝えすると光なのかレーザーなのかの違いです。医療分野で使用されているレーザーは医療従事者である看護師や医師が取り扱う事が出来ます。そのためパワーが違います。パワーが違うということは1回あたりの効果にも違いが出て必要回数が違います。機械が違うだけでこれだけ違うので機械選びはとても重要です。

料金や期間の比較

 料金は医療機関では自費診療のためかなり差があります。また脱毛サロンでは破格の料金でやっているところが多いです。そのため料金の差があることは確実です。一番安いのは脱毛サロンです。1回が数千円でできたり、ワンコインで数部位できたり学生さんでもやりやすい価格になっています。美容クリニックでも脱毛をメインで行っているクリニックは脱毛サロン並みに価格を下げたりしています。ここ数年で全身脱毛の価格が大きく変わっていますのでしっかり価格を比較してカウンセリングに行くとよいでしょう。しかし価格が下がる=何かを短縮・削るというようなクリニックやサロンさんがあるため注意しましょう。

期間に関しては圧倒的に美容クリニックで行う医療脱毛の方が早いです。これは機械の違いで説明したレーザーと光のちがいです。光脱毛は半永久的に行うため終わりがあまり見えませんが、レーザー脱毛は毛の元となる所をやっつけるため1回1回確実に効果があり必要回数も個人差はありますが5〜8回となります。

毛深いゾーンは医療脱毛がおすすめ

 毛深い部分に関しては圧倒的に医療脱毛が効果的で効果がすぐに出ます。人にもよりますが2~3回行うことで毛質がガラッと変わり毛量が変化します。光脱毛で10回以上行っても全然毛量が減らない方は本当に多いです。はっきり言うとお金と時間の無駄です。価格が安いからと言って光脱毛を選ばずに初めから医療脱毛を選択しましょう。

VIO脱毛のリスクと対策

VIO脱毛は肌トラブルになりやすい部位の1つです。そのようにならないような対策をお伝えします。

脱毛後の肌トラブルとその原因

VIO脱毛後の肌トラブルで一番多いのが毛嚢炎です。毎回なる方は少ないです。毛が減ってくると毛嚢炎になることも少なくなります。毛嚢炎になぜなりやすいかというと、医療脱毛後はある程度皮膚へのダメージがあるため感染しやすくなります。人は痒みがあると爪で無意識に搔いてしまいます。その爪にはたくさんのばい菌がいるため感染しやすい皮膚に菌が繁殖することで毛嚢炎ができてしまうのです。またそれ以外にも毛が濃い部分にレーザーあてることによって刺激となってしまい赤みが出てしまうことがあります。そこで搔いてしまう毛嚢炎になってしまう可能性がありますのでなるべく掻かないようにすることが大切です。

脱毛治療のリスクを軽減するために

毛嚢炎の発症リスクを抑えるためには何をするとよいのでしょうか?それは刺激を与えないことです。初めてのVIO脱毛の後はかゆみが出ることが多いです。それは脱毛から毛が抜けるまで時差があり、その間には普通に毛は生えてきます。その毛が下着と擦れてかゆみが出る方が多いです。刺激を与えないために肌に優しい下着に変えたり、しっかり保湿することが重要です。それでも軽減せずに搔いてしまい赤みがある場合はクリニックにご相談ください。

アフターケアの重要性

 脱毛後のアフターケアはとても重要です。脱毛後は皮膚トラブルになりやすいことは解説しましたがそれを未然に防ぐためには「保湿」が一番大切です。脱毛後は乾燥や赤みが出やすいため保湿をして肌をしっかり守りましょう。炎症がある状態で放置してしまうと色素沈着になりますので、ケアが必要なのです。

5. VIOを美しい形にデザインする方法

VIO脱毛で一番気になるのがVラインのデザインですよね。人には聞けないからこそ徹底解説していきます。

人気のVIOデザインとその特徴

Vラインのデザインで一番多いのは逆三角形です。しかしここ数年で全部無くすハイジニーナの方が圧倒的に増えてきました。ハイジニーナを除いて1位が逆三角形ですがそのサイズは個人差があります。逆三角形は下着から毛が見えない自然な形のため人気です。またIラインにかけてのデザインは、Iラインの上1/3を残すと正面から見たときにとても自然な形になるだけではなく、自分の手の届かない部分に関してはしっかり毛を無くして清潔を保つことができるためお勧めです。

デザイン脱毛のポイント

デザイン脱毛でとても大事なことは、施術するスタッフに相談することが大切です。実は自分で見ている角度からと施術者が見ている正面からの角度ではデザインの見え方が違います。自分である程度整えていただきたいのですが、ほとんどの方が斜めになっていたり左右のバランスが違ったりしますので必ず施術者が確認させていただきます。ご納得いただけた後に施術をさせていただきますので、デザインをされる方は必ず相談するようにしましょう。

VIO脱毛の経験者からのアドバイス

VIO脱毛経験者が語る、「VIO脱毛のポイント」をまとめました。

クリニック選びのポイント

クリニック選びが何よりも大切です。とにかくわからないことはクリニックに相談するのが一番です。HPを見ているだけではわからないことも多いです。またクリニック限定で行っているキャンペーンもあるため確認しましょう。また直接クリニックに来院してクリニックの様子を見たり、金額を確認したりすることも大切です。ほとんどのクリニックはカウンセリング無料のところが多いですのでたくさん聞きましょう。もちろんそんな暇はないという方もいますので、そういう方は口コミを見てからクリニックに予約をしましょう。

経験者が後悔したこと

VIO脱毛で後悔したといわれることで多いのが脱毛の機械の選定です。大きく分けてアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーがあります。一般的には毛が濃い部分にはアレキサンドライトレーザーがおすすめと言っている方が多いですが、回数を重ねていくと毛は薄くなり減っていきますよね。その状態でアレキサンドライトレーザーを使い続けても効果はあるのでしょうか?アレキサンドライトレーザーで回数を重ねて毛が減ってもツルツルにならずにダイオードレーザーのあるクリニックに変わる方は少なくありません。「途中から全く変わらなくなった」という意見をよく聞きます。そのため初めからダイオードレーザーのクリニックに行けばよかったという後悔の言葉は多いのでぜひ参考にしてください。

セルフケアと美容治療の経済的な比較

医療脱毛はお金がかかるイメージだと思いますが実は違うんです。なぜ違うのでしょうか?

長期的なコストの視点からの比較

医療脱毛=高い そのイメージはもう古いです。むしろ脱毛サロンで終わらない脱毛にずーっとお金かけているより1回の効果が高く確実に毛がなくなり、回数が5~8回で終了する医療脱毛の方が時間もお金もコスパ良く施術することができます。

予算に合わせた脱毛プランの選び方

VIO脱毛も回数によって1回あたりの価格が違います。そのためお得に脱毛するのであれば最低でも5~8回コースを購入しましょう。特にVIOは3回では満足して脱毛を完了することは不可能ですので5~8回を選びましょう。また脱毛は複数の部位をまとめて行うことでお得に脱毛できるクリニックが多いため一緒に相談するとよいでしょう。

椿クリニックでVIO脱毛

椿クリニックで行うVIO脱毛は他のクリニックとは何が違うのでしょうか?

椿クリニックのVIO脱毛の特徴

椿クリニックのVIO脱毛は何よりも丁寧です。一人一人の肌状態を観察した状態で照射の方法やパワーを調節していきます。またIラインは特に照射漏れが起こりやすい部分です。椿クリニックではしっかり内側まで広げて照射をしていきます。患者様によってはお体の構造上や皮膚状態によって広げにくい方もいますので、ご協力をお願いする場面もございますのでご了承ください。

椿クリニックのVIO脱毛の料金

椿クリニックのVIO脱毛の料金は以下の通りです。

  • 3回 ⇒ 50,600円 (1回 16,867円)
  • 5回 ⇒ 74,800円 (1回 14,960円) 
  • 8回 ⇒ 110,000円 (1回 13,750円)

まとめ

今回はVIO脱毛について解説していきました。デリケートな部分だからこそ人に聞きにくくて相談しにくい部位でもあります。その時にこのコラムを読んで解決していただけたら幸いです。椿クリニックでは脱毛でご来院の患者様の9割以上がVIO脱毛を含むプランです。また美肌治療でご来院の患者様でもVIO脱毛をやる方もいらっしゃるくらい人気の脱毛プランです。施術数は多いため、VIO脱毛でお悩みの方は椿クリニックにぜひご相談ください。

よくあるご質問

レーザー脱毛の痛みは我慢できる?

痛みはほとんどの方は我慢できる程度の痛みです。しかしアレキサンドライトレーザーの方が痛み・刺激が強く感じる方が多いため、心配な方はダイオードレーザーのクリニックを選びましょう。しかし落とし穴があり、クリニック内にはどちらのレーザーもあるのにVIOはアレキサンドライトレーザーだったり、その時によって機械の種類が違ったりするため必ずクリニックに確認しましょう。

脱毛後の温泉は大丈夫?

温泉は大丈夫ですが、脱毛直後は控えましょう。VIOはデリケートな部分です。そのため確実に脱毛による赤みがなくなってから行くようにしてください。また直後は特に血行が良くなる行為は控えていただきたいので入浴だけではなく、飲酒や岩盤浴なども控えましょう。

何回くらい施術が必要なの?

回数に関しては先ほどより5〜8回とお伝えしておりますがその通りです。個人差はありますが全く脱毛が初めての方は5回くらいは必要になります。手入れをしなくなるまでの回数に関しては、ほとんどの方が8回は必要になると思っておいた方が良いでしょう。またうぶ毛もツルツルにしたい方はそれ以上かかる可能性があるります。

「部位別脱毛」について詳しくはこちら
無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

あわせて読みたい記事

各院紹介