Loading...

医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院

医療ハイフ

大阪で安全にハイフを受けるなら。エステハイフの恐怖と医療ハイフの安全性を徹底解説 最終更新日: 2024.01.29

「ハイフってエステでも受けることができるし、エステの方が安いからそっちで受けようかな」と考えている人、この記事に一度目を通してください。

近年、エステでハイフを受けて肌トラブルを抱える人が増えてきています。その理由と医療ハイフの安全性、大阪で医療ハイフを受ける際に、椿クリニックをおすすめする理由を解説していきます。

ハイフってどんな治療?

顔にハリを与えるハイフとはどんな治療なのでしょうか。

ハイフの基本原理と美容への応用

ハイフは、切らずに超音波による熱エネルギーでたるみを改善していく治療です。
高密度焦点式超音波療法という意味のHigh Intensity Focused Ultrasoundの頭文字をとってハイフと呼ばれています。

虫眼鏡やレンズで光を一点に集めると紙を焦がすことができる原理を応用したのがハイフです。一点に超音波による熱エネルギーを与え高温にすることで、たるんだ筋肉を再活性化させたり、コラーゲンを生成することができます。その結果、肌にハリを与えたるみを改善したり、脂肪を減少させ小顔効果をもたらしたりします。

ハイフの適応になる人は?

ハイフは

  • コラーゲンやエラスチンの減少が起きる真皮層(1.5mm)
  • 支持靭帯のゆるみ、脂肪の下垂が起きる皮下組織・皮下脂肪層(3.0mm)
  • 表情筋の老化に ( たるみ ) 関与する SMAS 筋膜(4.5mm)

に作用します。そのため、以下のお悩みの人に効果を発揮します。

  • フェイスラインや頬のもたつきが気になる方
  • 二重アゴが気になる方
  • 切らずに痛みが少ないリフトアップをしたい方
  • ほうれい線やマリオネットラインを改善したい方
  • パンパンな頬を引き締めて小顔になりたい方

ハイフはあくまでもハリを与えたるみを改善することを目的としているため、進行した強いたるみには効果を発揮しにくくなります。

ハイフを受けることができない人

医療ハイフ治療は高出力の熱エネルギーでアプローチしていきます。そのため医療ハイフを受けることができない人は以下になります。

  • 心臓疾患のある方
  • 体調の優れない方
  • 飲酒をされている方
  • 施術部位に金属プレートやシリコンを埋めている方
  • 施術部位に感染症、傷、皮膚疾患がある方
  • 出血性疾患、ケロイド体質、アレルギー体質の方
  • 妊娠中の方

自分がハイフを受けていいのか不安な方は、椿クリニックにご相談ください。

エステサロンでのハイフの実態

ハイフはエステサロンでも受けることができます。しかし、それは安全に受けることができるのでしょうか。

なぜエステサロンではハイフを提供してはいけないの

エステティシャン等、医師や看護師の資格を持たずにハイフやハイフに類する機器を用いて皮下組織に直接熱作用を加え、危害を及ぼすような美容施術を行うことは、医師法に抵触するおそれがあります。
医師や看護師は十分な知識を持ち、ハイフが及ぼすリスクや作用についてしっかりと研修を受けたうえで施術を行います。しかし、エステサロンでは十分な知識がないうえ、万が一肌トラブルが起こった際にすぐに対処できないため、エステサロンでハイフを受けることは危険であると言えます。

消費者庁は、平成 29 年に消費者に対してエステサロンでのハイフを受けないように注意喚起を⾏い、それを受けてエステティック業界の主要団体はその加盟するエステサロン等で ハイフ施術を⾏わないこととしています。しかし、団体の加盟店はエステサロン全体の1割程度と見られているため、それ以外のエステサロンではハイフを提供している恐れがあります。また、前立腺がん治療のためのハイフは医療機器として承認されていますが、美容治療目的としてのハイフは医療機器に承認されていないため、資格のない人でも扱える機械であることが実状です。

エステサロン等でのHIFU(ハイフ)による事故
平成 29 年に消費者に対して注意喚起を⾏い、それを受けてエステティック業界の主要団体はその加盟するエステサロン等で HIFU 施術を⾏わないこととしている。
しかし、これらの団体に未加盟のエステサロン等では現在でも HIFU 施術が⾏われ、神経・感覚の障害、熱傷などの被害も報告されているのが実状である。
エステティック業界の主要団体は HIFU 施術を禁⽌しているが、団体の加盟店はエステサロン全体の1割以下と推測される。

引用:消費者庁HP 消費者安全法第23条第1項の規定に基づく事故等原因調査報告書-エステサロン等でのHIFU(ハイフ)による事故- より

エステサロン等でのHIFU機器による施術でトラブル発生!-熱傷や神経損傷を生じた事例も-

HIFU機器は、人体の表面を傷つけずに、超音波を体内の特定部位に集中させることで加熱し、熱変性を生じさせることができることから、医療で前立腺の治療等に用いられているものですが、エステサロン等でもホームページや施術前の説明でHIFU機器を用いて「脂肪細胞を溶解させる」、「肌の土台である筋膜に直接ダメージを与える」等、皮下組織に直接影響を与えることで小顔、痩身や美顔等の施術ができるとうたっています。その一方で、リスクについては説明がなく、「脂肪細胞を安全に破壊できる」等、消費者に安全な施術であると誤認させているエステサロン等もみられます。このような行為を医師資格のないエステティシャン等が行うことは禁じられています。

引用:独立行政法人国民生活センターHPより

セルフエステでもハイフを使用することができる

セルフエステでもハイフを使用することはできます。しかし、十分な知識を持たないままハイフを使用することで火傷や神経麻痺などの障害が起こる可能性があります。セルフエステはあくまでも自己責任ですが、綺麗になろうと思ってハイフを受けているのに、火傷などの障害を負っていては本末転倒ですよね。さらに、火傷などの治療のための費用もかさんでしまいます。

本当に綺麗になりたいと願うのであれば、正しい知識を持ち、安全に治療を受けることができる医療機関を選択するようにしましょう。

エステサロンでのハイフ事故事例

エステサロンでのハイフ治療が禁止されている理由をお話してきましたが、実際に起こったエステサロンでのハイフ事故について見ていきましょう。

麻痺が残った

ハイフや皮下脂肪の奥の筋膜まで熱エネルギーを与えることが可能です。しかし、筋膜の下には多くの神経が張り巡らされており、知識のないまま高出力で照射することで神経にまでダメージを与えてしまいます。
それが原因で、⼝⾓がだらりと伸び切った感じで⿇痺してしまったり、痺れで下を向くと無意識によだれが垂れる。といった場合もありますので注意が必要です。

火傷を負い傷跡になった

ハイフは超音波で熱エネルギーを一点に集中させる治療と前述しましたが、簡単に言うと細胞に火傷を負わせている状態です。医療機関ではあくまでも皮膚の中の狙った部分のみに作用を与える使い方をしますが、エステサロンではただ効果を追求しようと、闇雲に出力を上げて照射している可能性があります。そうすると、熱エネルギーに耐えられなくなった皮膚が火傷を起こしてしまいます。一度火傷を負い跡になってしまうと、それを綺麗にするのにも時間と費用がかかってくるだけでなく、顔という一番他人に見られる部分に傷を負うわけですから、精神的にもダメージを受けてしまいます。

視力障害が残った

まぶたの皮膚は非常に薄く、超音波などはすぐに透過してしまい眼球にまでダメージを与えてしまいます。医療機関ではそういった知識をしっかりと持っているため、まぶたへのハイフの施術は行っていませんが、まぶたのたるみを解消したいという悩みからまぶたへハイフを照射してしまった可能性があります。また、目とその周囲の保護を怠った状態で、目の方に斜めにハイフを照射してしまうことでも、目への影響は考えられます。

医療ハイフの安全性について

エステサロンでのハイフの危険について解説してきました。ここからは椿クリニックが提供している安全な医療ハイフについてご紹介していきます。

椿クリニックにおける安全で効果的な施術法

椿クリニックでは、カウンセリングにてしっかりとお客様の肌状態を確認し、改善したい肌悩みに合わせて照射していきます。
お肌の状態はその時々で変わってきます。乾燥していたりトラブルが起こっていたりと、肌状態をしっかりと見極め、照射できる技術があるからこそ、椿クリニックの医療ハイフは安全に受けていただけるものになっています。
また、万が一肌トラブルが起こった際にも、すぐに医師の診察にて必要な処置を施すことができます。

ハイフ後のケア:効果を最大限引き出すために

医療ハイフの施術後は肌の中に熱がこもっている状態なので、サウナや激しい運動、飲酒など体温を上げる行為は控えるようにしてください。
肌が乾燥しやすくなるため、しっかりと保湿するように心がけましょう。

椿クリニックの施術前後:期待できる変化

40代女性 1回施術直後

施術名
ウルトラリフト4Dハイフ

施術の説明
ピンポイントで熱ダメージを与えたコラーゲンが縮むことで、たるみを改善する治療です。
個人差はありますが直後より引き締め感・引き上げ感を感じる場合が多く、約1か月後に
最大の効果が見られます。

施術の副作用(リスク)
発赤・熱感・痒み・痛み・乾燥を生じる可能性があります。

施術の価格
1回 38,280円(税込) 〜 45,980円(税込)

【医師の解説】
この患者様は、ほうれい線、お顔全体のもたつき・たるみにお悩みでした。
お顔の脂肪がしっかりあり、頬のコケがでる心配は無かったので、全体的にしっかり照射を
しました。
結果、全体的にお顔が引き締まり、額もしっかり照射した結果、目の開きも良くなりました。

大阪で医療ハイフを受けるなら

大阪で医療ハイフを受けるなら、椿クリニックをおすすめする理由を紹介していきます。

アクセス抜群の椿クリニック

椿クリニック心斎橋院は地下鉄御堂筋線・四ツ橋線・長堀鶴見緑地線心斎橋駅からすぐのところにあります。北11番出口から地上に上がっていただくともう目の前です。雨が降っていても傘を差さずでも、ほとんど雨に濡れることなく着くことができます。

予約からご帰宅後まで続くホスピタリティー

ご予約を頂いた時から、ご来院中はもちろん、自宅に帰ってからも椿クリニックはフォローできる体制を万全にしています。
何か肌トラブルがあった時にすぐに相談できないと、とても不安になりますよね。
そういったことがないように、椿クリニックではお電話での相談も対応しています。

長く通いやすい費用

医療ハイフ治療に限らず、美容治療は複数回通う必要があるものがほとんどです。1回の施術料金も安いとは言えません。ですが、椿クリニックではお客様の負担をなるべく少なくし、お悩みをしっかりと解消できるまで通っていただきたいと考えています。そのため、他院に比べて比較的手の出しやすい価格設定となっています。また、複数回通っていただく場合は、お得な割引の適応もさせていただきますので、ご相談ください。

まとめ

自分の肌をしっかりと守るためには、本当に信頼できるクリニックかどうかを見極めることが大事です。また、エステサロンの方が比較的お手ごろな値段で手を出しやすいハイフだとしても、間違った施術でトラブルを起こしていては、綺麗になるどころではなくなります。
椿クリニックはお客様に安心して受けていただける医療ハイフを提供しています。医療ハイフの施術をどこで受けようか迷った時は、大阪なら椿クリニック心斎橋院と覚えておいてください。

「ウルトラリフト4D医療ハイフ」について詳しくはこちら
無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

あわせて読みたい記事

各院紹介