Loading...
医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院
医療アートメイク

黄金比の眉毛とは?医療アートメイクで自分に似合うデザインを見つけよう 最終更新日: 2021.06.18

眉毛は顔の印象を左右する大事なポイントです。

少しお手入れして整えるだけであか抜けた雰囲気になります。
そんな重要パーツである眉毛に対してコンプレックスやお悩みを持っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
「眉毛が薄くしっかり化粧しないとぼんやりした顔になる」
「毎日のメイク時間を短くしたい」
「ノーメイクに自信を持ちたい」
「ジムやプールでメイク崩れを気にしたくない」
こういったことを皆さんは一度でも考えたことはありませんか?
それらの眉毛のお悩みは医療アートメイクが解決してくれます。

医療アートメイクは、“汗や水でも落ちないメイク”として近年人気が高まっています。
眉・アイライン・唇(リップ)など普段メイクする部位に施術することで、メイクしているような状態を数年保つことができます。

今回はそんな医療アートメイクについて知っていただきたい情報をまとめました。
興味のある方はぜひ参考にしてください。

美しい眉毛は黄金比が大切

医療アートメイクで特に人気のある部位が「眉毛」です。
せっかく施術するなら綺麗に整った、ご自身に合った形にしていただいた方が良いでしょう。
眉毛に医療アートメイクを施す場合は事前にお客様の「眉毛黄金比」を測り、デザインを決めていきます。
顔の骨格は人それぞれ異なるため、黄金比をベースに自分の骨格に合う眉の形や角度を決め、理想の眉に仕上げていきます。

一人ひとり異なる肌に合わせた色素

医療アートメイクを施すなら、パーソナルカラーに合わせた色を選ぶとより素敵な印象になるでしょう。
パーソナルカラーは大きく2つに分けると「イエローベース」と「ブルーベース」があり、どちらに属しているかで似合う髪色やメイク、服装が違ってくるとされています。これはその人が持つもともとの肌の色や、髪色、目の色など色素によって診断が可能です。

あくまで一例ですが、医療アートメイクをするうえでお客様がイエローベースの方なら「黄みがかったブラウン」、ブルーベースの方なら「赤みがかったブラウン」が似合うでしょう。
自分に似合う眉毛の色は施術者にしっかりカウンセリングしてもらって決めましょう。
違和感のない仕上がりにするためには、「骨格」や「肌の色味」を考慮した眉デザインにすることが大切です。

眉毛にこだわりたいときは

眉は顔の印象を左右する重要なポイントです。
自分で眉を描くと、左右対称にできなかったり毎回違う仕上がりになってしまったりと、上手くいかないと思うことも多いはず。

しかし医療アートメイクで眉毛を施術してしまえば、常に理想の形をキープできます。
タトゥーのように「一生消えない」と心配する必要はありません。
医療アートメイクは皮膚の浅い部分に色を付けていくため、時間と共に肌のターンオーバーで薄くなっていきます。
眉毛にこだわりたい方はぜひプロに相談しましょう。
なりたい眉のデザインがあれば写真を持参するのもおすすめです。

まとめ

医療アートメイクは毎日のメイクが楽になり、どんなシーンでもノーメイクに自信を持てるようになります。
旅行のときもメイクの時短が叶いますし、寝起きの顔に不安を覚えることも少なくなるでしょう。
医療アートメイクのプロは、もともとの肌の色や髪色などからパーソナルカラーを診断しその人にあった色素を選んでくれるだけでなく、黄金比を元に一人ひとりに合ったデザインを提案します。

顔の印象を左右する眉毛にこだわりたい方や自分に合った眉毛の黄金比が気になっている方は、医療アートメイクを取り扱うクリニックで一度カウンセリングを受けてみてください。

あわせて読みたい記事

各院紹介