Loading...
医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院
メディカルダイエット

脂肪溶解注射の種類?BNLS注射のneoとアルティメットはどう違うの? 最終更新日: 2022.04.25

BNLSのneoとアルティメットの違い

当院で使用している「BNLSアルティメット注射」は、メスを使わずに注射のみで施術がおこなえる脂肪溶解注射です。
従来のBNLSneo注射に新規成分を複数配合した製剤であり、期待する効果を実感しやすいうえにダウンタイムが少なく、安全性の高い方法です。

BNLSアルティメットの成分について、以下で詳しくご紹介します。

BNLSアルティメットで追加された特徴的な4つの成分とは

BNLSアルティメット注射には、4つの成分が新規配合されています。

脂肪燃焼成分

  • アーティチョーク
    スーパーフードとして知られているアーティチョークは脂肪の分解に関わっている胆汁の分泌を促進し、脂肪を燃焼しやすい状態へと導きます。
    また、分解された脂肪を体外へと排出しやすくする利用作用もあります。
  • L-カルニチン
    L-カルニチンは、脂肪の代謝に関与するアミノ酸の一種です。
    ミトコンドリアに脂肪成分を運ぶことで脂肪を燃焼させ、体にとって必要なエネルギーを作り出します。

肌の再生・老化防止成分

  • コエンザイムQ10
    優れた抗酸化作用によって肌の再生や老化防止に関与しています。
    エネルギーを作り出すための補酵素としての働きもあります。
  • カテキン
    ポリフェノールの一種であるカテキンは、抗酸化作用によって肌の再生や老化防止に関与しています。
    脂肪をエネルギーとして消費することで、体脂肪の減少を手助けします。

BNLSアルティメットで増量された成分とは

脂肪溶解成分」

  • デオキシコール酸
    デオキシコール酸は、脂肪細胞を破壊して脂肪細胞の数を減少させる働きをもつ成分です。
    脂肪の乳化を促進して体外へと排出しやすくする働きもあります。
    BNLSアルティメット注射では、BNLSneo注射よりもデオキシコール酸を約20倍増量して配合されています。

このように、新規で追加された成分や増量された成分によってBNLSアルティメット注射では、BNLSneoよりも痩身効果が15%アップしています。
従来の脂肪溶解注射よりも、さらに脂肪燃焼・脂肪溶解・肌の再生・老化防止といった総合的な働きも期待できるのがBNLSアルティメット注射の大きな特徴と言えます。

従来の脂肪溶解注射とBNLSアルティメットとの違い

BNLSneo注射のような従来の脂肪注射と比べると、BNLSアルティメット注射ではデオキシコール酸を豊富に含有していることから、脂肪の分解作用が高くなっています。
また、天然植物由来の成分を配合しているため、施術後の痛み、腫れ、赤み、熱感などの症状が起こりにくくなっています。
そのため、従来の脂肪溶解注射とは異なりダウンタイムに必要な時間はほとんどなく、施術直後からメイクもおこなえます。
(※ダウンタイムには個人差があるため、むくみ、腫れ、内出血が起こることもあります。)

部分痩せにはBNLSアルティメットがオススメ

従来の脂肪溶解注射では、施術後の効果を実感するまで数週間かかることもありました。
BNLSアルティメット注射は、脂肪を溶解する働きをもつデオキシコール酸を豊富に配合しているため、効果を実感するまで最短3日という短期間ダイエットだけでは減少が難しいような鼻・あご下・フェイスライン・頬などの部分痩せの働きも期待できます。
とくに気になるパーツがあるときには、BNLSneoよりもBNLSアルティメット注射がオススメです。

まとめ

当院では、BNLSアルティメット注射という脂肪溶解注射を使っています。
今回ご紹介したように、従来の脂肪溶解注射よりも効果を実感しやすく、ダウンタイムの少ない施術が期待できる薬剤です。
ダイエットしても痩せにくいような鼻・あご下・フェイスライン・頬などの気になる部分があるときにはいつでも当院までご相談ください。

あわせて読みたい記事

各院紹介