Loading...

医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院

ケミカルピーリング

その毛穴放っておいていいんですか?椿クリニックのピーリングで美肌への一歩を 最終更新日: 2023.11.24

私たちの肌は毎日の生活の中で様々な外的刺激に晒され、時には毛穴のトラブルを抱えることがあります。

特に毛穴の開きや黒ずみは多くの女性が悩む問題であり、メイクで隠してもなかなか解決しない厄介な存在です。そんな毛穴の悩みに対して、ピーリングが効果的な解決策の一つとして存在します。しかし、ピーリングと一言で言ってもその種類はさまざまです。この記事では、毛穴のトラブルに悩むすべての方へ、ピーリングの基本から効果、椿クリニックでの治療法までを詳しく解説していきます。

毛穴の悩み、ピーリングで解決できる?

毛穴の悩みにも、黒ずみや開きなど人によって異なります。では毛穴の悩みにはどのようなものがあるのか、また、その悩みを解消するためにはどうしたらいいのかピーリングの解説とともにお話していきます。

毛穴のトラブルとは?あなたも抱えているかも

毛穴の開き

年代によって毛穴の開きの原因は異なりますが、角栓が毛穴に詰まることで毛穴を広げていることが多いです。角栓とは、古くなった表皮の角質が皮脂と混ざり合うことでできるものです。

毛包

正常な毛穴とは、50倍に拡大しても点ではあるが穴としては認識できないものだけだとしている[15]。繰り返される慢性的な微小な炎症によって、表皮が剥離し、毛包が侵食され開いていくとする[15]。
30代までの女性は角栓によって毛穴が目立ちやすく、角栓が毛穴を広げる影響は大きいとするが、40代の女性では皮脂の分泌が減少するため角栓がなく毛穴が目立つケースが増える[16]。

引用:Wikipedia

角栓

角栓(かくせん、keratotic plug)とは、皮脂腺から分泌された皮脂や周囲の角質が毛穴中で凝固、発達したもの。

引用:Wikipedia

毛穴の黒ずみ

毛を抜いたり、シェービングなどによって繰り返された炎症で色素沈着になり、毛穴が黒ずんで見えます。また、皮脂や周囲の角質が毛穴中で凝固した角栓の表面が、酸化して黒く見えることも毛穴の黒ずみの原因となります。

たるみ毛穴

年齢を重ねることで皮膚がたるみ、そのたるみとともに毛穴もたるんで見えることです。たるみ毛穴は、肌自体のたるみを解消することで毛穴のたるみも改善されます。

ピーリングってどんな施術?基本を知ろう

薬剤を塗布し表皮の古くなった角質を科学的に融解して剥離、除去します。皮膚が本来持っている傷を治そうとする力を利用し、肌を生まれ変わらせる治療法です。洗顔やパックでは取れない古い角質や毛穴の汚れを溶かし出し、1回でも滑らかな肌になります。

ケミカルピーリングは毛穴の黒ずみに効果を発揮します。毛穴の開き自体にはあまり効果はありませんが、毛穴が開く前の原因を改善(角栓を作らせないように)するためのケミカルピーリング治療は有効です。

ピーリングの種類と効果

椿クリニックでそろえている薬剤の紹介と、ピーリングの効果について解説していきます。

ピーリング剤の違いとは?

グリコール酸ピーリング(AHA)

ニキビ・ニキビ跡などの治療に。
蓄積された古い角質を溶かし表皮の細胞を活性化させ、新しい皮膚細胞をつくる働きを促します。肌のターンオーバーを正常にして皮膚の新陳代謝を整え、健康な肌の生まれ変わるサイクルを取り戻すことを目指します。
また、コラーゲン、エラスチンの生成を促し、お肌にハリや弾力を与えます。しみ・くすみ・毛穴の黒ずみ・肌の色むらの改善・保湿の作用もあります。

乳酸ピーリング(ラクトピーリング)

比較的マイルドなピーリング。
天然乳酸を主成分とした、医療機関専用のケミカルピーリング剤です。保湿・美白に有用で、皮膚への刺激が少ないタイプです。皮膚の薄い方や刺激に弱い方にもお勧めの薬剤です。
当院ではお肌の状態に合わせた治療を行なっており、ターンオーバーのサイクルに応じて複数回の治療をお勧めしています。

サリチル酸ピーリング(サリチル酸マクロゴール)

従来のピーリングに用いられていたサリチル酸に、マクロゴールという基材を加えて安全性を高めた薬品です。
サリチル酸マクロゴールは安定して角質層に留まらせることができます。施術直後から、肌がモチモチ・ツルツルします。

ピーリングの即効性と持続性

ピーリングは古くなった角質を除去してくれるため、1回でも肌がつるっとした感じを実感していただけます。ですが、少しずつ角質を除去し進めていく治療のため、5回以上の治療は必要となります。

ピーリングの流れ、施術からアフターケアまで

椿クリニックでのピーリング治療の流れを紹介していきたいと思います。椿クリニックでピーリングを検討している方はぜひ、参考にしてください。

初めてのピーリング、何を準備すべき?

ピーリングは薬剤で反応を起こしていきます。そのため、肌が乾燥していたり、荒れている場合には薬剤の反応が強く出てしまう可能性があります。しっかりと保湿していただき、肌が荒れている場合には、荒れが治まってからの治療をおすすめします。

また、施術部位のシェービングは肌へダメージを与えてしまうため、施術前1日程度は避けてください。

アフターケアの重要性、何をすればいい?

お肌のターンオーバーを促す治療のため、一時的に乾燥しやすくなったり、ニキビ内容物が表面から排出される為悪化したように見えます。ニキビができてしまっても触らずに、しっかりと保湿を心がけてください。また、肌のバリア機能が弱くなっている状態のため、紫外線の影響を受けやすくなります。紫外線対策も徹底しましょう。

特にダウンタイムが出る治療ではありませんが、日々のスキンケアひとつでケミカルピーリングの効果に差が出てきます。より効果を実感することができるよう、日々のケアを怠らないようにしましょう。

毛穴悩みの改善へ~おすすめの治療~

ケミカルピーリングのみでも効果を実感できますが、組み合わせることでより悩みの解決に近づくことができます。また冒頭で紹介した毛穴の悩みに対応した治療も紹介していきます。

ピーリング+○○で効果アップ

ピーリング+イオン導入で毛穴の黒ずみ解消

ピーリングで毛穴の黒ずみの原因を取り除いた後に、イオン導入でビタミンCを入れ込んでいきます。ビタミンCはシミ、くすみ、そばかすや肝斑の主な原因であるメラニン色素を抑制し、色素を分解して還元する作用があります。そのため、毛穴の黒ずみに効果を発揮します。

イオン導入については椿クリニックHPをご覧ください
https://tsubaki-grp.com/menu/skin/aeon/

ピーリング+フォトフェイシャル+イオン導入のスノーホワイト美白コースで毛穴の開き解消

ケミカルピーリング・フォトフェイシャル・メディカルイオン導入を同日に行うセットメニューです。
ケミカルピーリングで古い角質や皮脂汚れを取り除き、肌のターンオーバーをリセット。肌自身が生まれ変わる力を助けます。フォトフェイシャル(光治療)でシミ・そばかす・くすみを除去。さらに開いた毛穴を引き締めます。
その後メディカルイオン導入で美白成分(ビタミンC)を肌に浸透させます。

スノーホワイト美白コースについて詳しくは椿クリニックHPをご覧ください
https://tsubaki-grp.com/menu/skin/snow_white/

たるみ毛穴の改善はどうしたらいいの?

たるみ毛穴の改善には肌自体のたるみの改善が有効とお話ししました。椿クリニックではたるみの改善治療としてヒアルロン酸注入(https://tsubaki-grp.com/menu/age/hyalu/)によるリフトアップ、ウルトラリフト4Dハイフ(https://tsubaki-grp.com/menu/skin/hifu/)、水光注射(https://tsubaki-grp.com/menu/skin/watering/)をご用意しています。気になる治療がある方は椿クリニックまでご相談ください。

ピーリングの費用ってどれぐらい?

ケミカルピーリングのお顔の費用は以下になります。

ケミカルピーリング療法1回(税込)
トライアルプラン(全顔)※1¥8,800
全顔¥11,000
※椿クリニックにて初めてケミカルピーリング(全顔)施術を行う患者様のお肌に合うか試していただくプランです。
※お得なコースもございます

まとめ

ケミカルピーリングとそれに適応する毛穴悩みについてお話してきました。毛穴の悩みによってはケミカルピーリングでは改善できないものもあります。まずは自分の毛穴の悩みがどの種類なのか知ることから始まります。改善したい毛穴悩みがある人は椿クリニックにご相談ください。丁寧なカウンセリングにて、あなたの毛穴悩みに適した治療をご提案いたします。

よくあるご質問

ピーリングは痛いの?疑問を解消

ケミカルピーリングは薬剤を塗って古くなった角質を溶かしていくため、ピリピリとした痛みやむず痒い感じを感じることがあります。また、乾燥している肌や、敏感肌の人は刺激を感じやすくなりますが、我慢できる程度の痛みです。刺激が強い場合には、担当の看護師にお申し付けください。薬剤を拭き取り冷やすことで改善するものがほとんどですので安心してください。

1回の施術で効果は出るの?

個人差がありますが、1回の施術でくすみが薄くなり、肌がつるんとした感じになります。ただし肌自身が生まれ変わろうとする力を与えたり、刺激によりそのきっかけを与えるための施術です。まずはトライアルで効果やお肌との相性をご確認いただき、ターンオーバーに合わせた複数回の治療をおすすめいたします。

ケミカルピーリングを受けられない場合はありますか?

妊娠中の方はお受けいただくことができません。
レチノイン酸は1週間前、ハイドロキノンは3日前から塗布を中止してください。
極度に乾燥している肌の人も受けることができない場合があります。しっかりと保湿し肌が荒れないように気を付けてください。

「ケミカルピーリング」について詳しくはこちら
無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

あわせて読みたい記事

各院紹介