Loading...
医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院

BNLS注射で鼻を小さく!失敗するとどうなる?鼻の脂肪溶解注射のリスクやデメリット 最終更新日: 2022.12.09

BNLS注射は二重あごや団子鼻を解消する顔痩せの方法として、椿クリニックでは人気の施術です。

鼻にコンプレックスがある方だと団子鼻を小さくしたい、小鼻を小さくしたいといった目的で脂肪溶解注射を検討されると思います。
でも失敗したら……と考えると、怖くなってしまいますよね。

失敗といっても考えられるのは「思うような効果がなかった」という程度で、たとえば「逆に鼻が大きくなる」のようなことはありませんので安心してください。

今回は鼻のBNLS注射について、リスクやデメリットを紹介します。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

鼻のBNLS注射(脂肪溶解注射)で考えられる失敗は「効果なし」

鼻のBNLS注射(脂肪溶解注射)で失敗というのは無いと思うのですが、ひとつ挙げるとすれば「効果がなかった」という失敗ではないでしょうか。

脂肪溶解注射自体はきちんと効果がある施術なのですが、鼻へのBNLS注射で効果が感じられなかったという人も中にはいます。
BNLS注射は脂肪を減らす施術ですので、そもそも脂肪がほとんどなかったとすれば、効果が無いのも無理はありません。

実際には脂肪は減っているはずですが、脂肪が少なければ見た目の変化はほとんどないですよね。

鼻のBNLS注射については医師によって意見が分かれており、効果がないという医師もいます。
しかし誰に対しても一律に効果がないということはないはずで、場合によるというのが実際のところではないでしょうか。

また、医師の技術力にも左右される施術ですので、注射の打ち方が悪ければ効果も出にくいのがBNLS注射の特徴です。
減らせる程度の脂肪がある方で、きちんと脂肪溶解注射の効果を出すには、技術のある医師に任せることが重要ですね。

「周りにバレたくないけどバレる」という失敗はある?

鼻のBNLS注射の失敗としてもうひとつ考えられるのは、施術そのものの失敗ではなく、「内緒で鼻を小さくしたかったのに気づかれてしまった」という失敗ではないでしょうか。

「バレたくないのにバレてしまった」という失敗は可能性としてはあるでしょう。

BNLS注射は劇的な効果があるのではなく、ゆっくり少しずつ脂肪を減らす施術ですので、基本的には周囲に気づかれにくいのがメリットです。

しかしそれでも注射を打った以上、何かしらの違和感に気づく人がいる可能性は考えておいても良いかもしれません。

ダウンタイム症状で気づかれる可能性はゼロではない

周囲に気づかれてしまう原因として考えられるのが、ダウンタイム症状です。

脂肪溶解注射はダウンタイムがほとんどないと言われており、椿クリニックで採用しているBNLS ultimateという薬剤であれば特に、ダウンタイムはほぼありません

しかし、人によっては腫れやむくみ、内出血などが出てしまうことはあります。
もしそうした症状が出ていれば、それに気づいた人に「どうしたの?」と聞かれることはあるでしょう。

ダウンタイムは数時間~2日間程度でおさまりますので、そのあいだは人前ではマスクをしておくなどの対策が有効です。

また、鼻の場合は無いと思いますが、顎下やフェイスラインだと、一度に大量の薬剤を注入したせいでその箇所がふくらんで輪郭が変わり、気づかれる可能性もあります。

急激に鼻が小さくなって気づかれる、という心配はない

BNLS注射は脂肪を少しずつ減らす注射です。脂肪吸引のように一度に脂肪を除去するわけではありません。

手術のように鼻の形が一気に変わることもありません。
ですので、急激に鼻が小さくなって気づかれる、という心配は不要でしょう。

ただ、施術後は鼻の様子が気になって、ついつい頻繁に鏡を見たり鼻を触ったりと、いつもと違う行動をとってしまうことには要注意です。

いつもと違う行動により「鼻ばかり触ってどうしたの?」と指摘されるかもしれませんから、気をつけましょう。

鼻のBNLS注射で失敗しないための対策

ここからは、鼻のBNLS注射で失敗しないための対策を紹介します。

効果があるかどうか、医師の意見を聞いておく

鼻のBNLS注射の失敗というのは、「効果がない」という失敗です。

鼻は特に脂肪が少ない部位ですので、本当に効果があるか、施術前に医師の意見も聞いておくことが大切です。

もちろん医師の意見が絶対に正しいとは限りませんが、医師はプロなのである程度正確には予想ができます。

医師が効果は見込めないと言っている場合は無理にBNLS注射をすることもありませんよね。ほかの施術を検討すれば良いですし、それも含め相談すれば良いでしょう。

どうしてもBNLS注射を試してみたいのであればその気持ちもぜひ、伝えてください。

一度試してみて、効果がないと思えばやめれば良いですよね。試してみないことにはわからない部分も確かにありますから、1回試してみるのは良いと思います。

以下からはBNLS注射自体の失敗ではなく「バレたくないのにバレた」という失敗への対策です。

大量に打たない

鼻はそもそも範囲が小さいので大量に打つとは考えられませんが、1cc程度を打つのが普通です。

それ以上に量が多いとその箇所がふくらんでしまいますから、見た目でバレたくない人は控えたほうが良いでしょう。

ダウンタイムが少ない薬剤を選ぶ

ダウンタイムがほぼ無しと謳っている薬剤を選ぶことが大切です。

それでもダウンタイムの症状が出る場合もゼロではありませんが、なるべく出ないものを選ぶことで、ダウンタイム症状を避けやすくなります。

椿クリニックで使用しているBNLS ultimateという薬剤は、ダウンタイムがほぼありません。

ダウンタイムに備えておく

とはいえダウンタイム症状が絶対に出ないとは言い切れませんので、周囲に気づかれたくない方は、備えておくことも必要です。

数日間は人と会わないようにする、人前でマスクを外さないようにするなどの対策が必要ですね。

BNLS ultimateの場合はダウンタイムがほぼなく、症状が出たとしても数時間から2日間程度で回復します。その日数を目安にスケジュールを調整されるのが良いでしょう。

まとめ

鼻のBNLS注射では、失敗して鼻がとんでもないことになる……ということはありません。

ただ、逆に「効果が見えない……」という可能性はあります。

事前のカウンセリングでしっかり相談しておくことも大切ですし、BNLS注射以外の良い方法もあるかもしれませんので、総合的に相談しておくほうが、ご自身の希望に沿った治療が受けられるでしょう。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

各院紹介