Loading...
医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院
ケミカルピーリング

ケミカルピーリングが効果ない理由とは?肌の悩みに合わせたピーリングの種類について解説 最終更新日: 2023.01.08

ケミカルピーリングが効果ない理由とは?肌の悩みに合わせたピーリングの種類について解説

ケミカルピーリングはニキビや毛穴、くすみなどの悩みの改善に適した施術です。

古い角質を落とし、肌をきれいにします。
でも中には、「ケミカルピーリングは効果ない」と感じる人も……。

このページではケミカルピーリングの効果が得られないケースや、ケミカルピーリングの仕組みについて解説いたします。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

ケミカルピーリングが効果ないのはこんな人

ケミカルピーリングの効果がない理由として考えられるケースを紹介いたします。

セルフケミカルピーリングで効果がないのは適切に使えていないからかも?

ケミカルピーリングが効果ない理由とは?肌の悩みに合わせたピーリングの種類について解説

まず、クリニックではなく自宅でできるセルフケミカルピーリングは、効果が感じられないケースも多いと思われます。

ケミカルピーリングに使用する薬剤と違い、自宅用のピーリング剤は濃度が低く、効果はかなりマイルドです。

適切に使えていない場合はさらに効果が落ちます。
「適切に使えていない場合」で多いのは「やりすぎ」です。使用する頻度が高すぎる、長時間放置しすぎている、などのケースですね。

かえって肌荒れを起こしてしまい、「ケミカルピーリングは効果ない」と結論づけてしまうことがあります。

エステのケミカルピーリングは効果ないかも

次に、エステでのケミカルピーリングについても考えてみましょう。

医療機関で扱える薬剤とエステで扱える薬剤はまったく異なります。
ケミカルピーリングの薬剤の中には劇物指定されて濃度が厳しく規制されているものもあります。

自宅用のピーリング剤と同様、エステでも医療レベルの薬剤は使えません
そのため、どうしても効果は劣ります。

中には(違法ですが)高濃度のピーリング剤を使用しているエステもありますが、万が一肌トラブルが起こった場合でもエステでは治療ができません。

効果が無いどころか逆に肌がボロボロになってしまった、という事故は避けていただきたいので、やはりケミカルピーリングは、医療機関で受けるべきだと言えるでしょう。

ダウンタイム症状の可能性あり

クリニックで受けたケミカルピーリングで効果がないと感じる方もいますが、ダウンタイム症状が強めに出てしまっただけということがあります。

ケミカルピーリングは美容医療の初心者の方にもおすすめの基本的なメニューで安全性も高いのですが、赤みや熱感、ひりひり感などが出る場合があります。

  • 赤み
  • ヒリヒリ感
  • ほてり感
  • 熱感
  • 乾燥
  • ニキビの増悪

たいていは数時間で落ち着くのですが、2~3日続くことも。

ダウンタイム症状が落ち着くのに時間がかかると、「ケミカルピーリングは効果ないどころか全然よくない」と考えたくなってしまうかもしれません。

ダウンタイム症状がなかなか落ち着かない場合は、施術を受けたクリニックに連絡して相談することをおすすめします。

ケミカルピーリングはどんな治療?

ケミカルピーリングが効果ない理由とは?肌の悩みに合わせたピーリングの種類について解説

ケミカルピーリングとは、薬剤を肌に塗ることで古い角質を取り除く治療です。
古い角質を取り除いて肌のターンオーバーを整え、肌をきれいにしていくことができます。

ニキビ・ニキビ跡・毛穴の開きや黒ずみ・軽い色素沈着・乾燥や小じわなどなど、あらゆるお肌の悩みに効果があります

肌を整えていくのがメインのためすぐにニキビ跡が消える、といった劇的な効果はありませんが、肌自体の力を引き出すようなイメージです。

ケミカルピーリングを受けたあとは肌がツルツル・モチモチになり、ハリや透明感も出ますよ。
卵の殻をむいたような、ツルンとした肌が手に入ります。

ケミカルピーリングの種類

ケミカルピーリングは使用するピーリング剤によって得られる効果が異なります。

椿クリニックでは3種類のピーリング剤を扱っており、患者様のお肌の状態に合わせた薬剤を使用しています。

グリコール酸ピーリング(AHA)

グリコール酸ピーリングはピーリング剤としての歴史も古く、長く使われてきた定番の薬剤です。

グリコール酸は2016年に劇物指定されており、エステや市販の化粧品としては取り扱いがかなり難しくなりました(もちろん適切に扱えば安全です)。

ニキビ・ニキビ跡の治療にもおすすめのピーリング剤です。

乳酸ピーリング(ラクトピーリング)

ケミカルピーリングの中ではマイルドなピーリング剤ですが、保湿や美白に効果があります

ケミカルピーリングでは肌がピリピリすることがありますが、乳酸ピーリングではピリピリ感を感じにくいです。
刺激が苦手な方や皮膚の薄い方におすすめのピーリング剤です。

サリチル酸ピーリング(サリチル酸マクロゴール)

サリチル酸自体は古くから使われてきましたが、「サリチル酸マクロゴール」は、マクロゴールという基材を加えることで安全性を高めたピーリング剤です。

ピーリング力は高く、施術直後から効果を実感していただけると思います。

ピーリングにはマシンピーリングと浸透型ピーリングもある

「ピーリング」や「ピール」と呼ばれる治療はほかにもあります。

ケミカルピーリングはピーリングの一種で、ほかにも「マシンピーリング」や「浸透型ピーリング」があるのです。

ケミカルピーリング(剥離型ピーリング)マシンピーリング浸透型ピーリング
薬剤で古い角質を落として肌をきれいにするレーザーなどマシンの力を使ってピーリングをする薬剤を浸透させることで肌をきれいにする
グリコール酸ピーリング乳酸ピーリングサリチル酸ピーリングなどレーザーピーリング(カーボンピーリング)ハイドラフェイシャルなどマッサージピールミラノピールなど

マシンピーリングはその名の通りマシンを使ったピーリングのことで、レーザーピーリングやハイドラフェイシャルなどが該当します。

椿クリニックでは「カーボンピーリング」というレーザーピーリングをおこなっています。
ケミカルピーリングより金額は高くなってしまうのですが、効果も高いのが特徴です。微粒子のカーボンとレーザーの力で肌をきれいにします。

浸透型ピーリングとは薬剤を肌に浸透させることで肌をきれいにしていくというものです。
(これに対し、従来のケミカルピーリングは「剥離型ピーリング」とも言われます。)
浸透型ピーリングにはミラノピールやマッサージピールがあります。

椿クリニックではマッサージピールをおこなっています。
マッサージピールは、マッサージしながら薬剤を浸透させていくのでマッサージピールと呼ばれ、別名はコラーゲンピールとも言われます。

浸透型ピーリングはフェイシャルエステ感覚で受けられるため、「剥がす系」や「レーザー」などより、もっとマイルドな治療を希望する方にはおすすめです。

まとめ:自分の悩みに合ったピーリング治療を選ぶことが重要

ピーリングにはいろんな種類があります。

ケミカルピーリングだけでも使用する薬剤によって違いがありますし、セルフケミカルピーリングやエステのピーリングまで合わせると数多くの選択肢がありますよね。

おすすめはやはりクリニックでのピーリングです。

カーボンピーリングやマッサージピールも含め、どのピーリングが合うかはぜひカウンセリングにてご相談ください。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

あわせて読みたい記事

各院紹介