Loading...
医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院
ダーマペン

ダーマペンのダウンタイムの過ごし方!施術後の注意点やダウンタイム症状について 最終更新日: 2023.01.08

ダーマペンのダウンタイムの賢い過ごし方とは?施術後の注意点やダウンタイム症状を悪化させないコツを紹介

ダーマペンの施術にはダウンタイムがあるのですが、そのあいだ、どのように過ごせばいいのでしょうか?

今回はダーマペンのダウンタイムの過ごし方について紹介します。また、ダウンタイムの長さや症状についても解説いたします。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

ダーマペンのダウンタイム症状とは?

ダーマペンのダウンタイム症状としては、肌の赤みや腫れ、かゆみや内出血、発疹や皮むけなどの軽度の肌荒れなどがあります。

  • 肌の赤み
  • 腫れ
  • かゆみ
  • 内出血
  • 発疹
  • 皮むけ

いずれも数日~長くても2週間以内にはおさまります
このあいだ、どのように過ごせば良いのか、以下から解説していきます。

ダーマペンのダウンタイムの過ごし方のポイント

ダーマペンのダウンタイムの過ごし方は、以下の4つがポイントです。

  • 保湿
  • 刺激を与えない
  • 体温を上げない
  • 人と会わない

ダーマペンの施術を受けると肌はダメージを負った状態になるので、乾燥し、刺激に弱くなっています。

そのため、保湿を心がけ、刺激を与えないようにすることが大切です。また、体温を上げないようにすることもポイントです。

赤みや腫れなどの症状が出ている場合は、見られて困る人とは会わないこともポイントですね。

ダーマペンのダウンタイムの具体的な過ごし方

ダーマペンのダウンタイムの過ごし方!施術後の注意点やダウンタイム症状について

ここからはさらに詳しく、ダーマペンのダウンタイムの過ごし方について紹介します。

  • 人と会う予定は入れない
  • 紫外線対策を徹底(屋外での予定も入れない)
  • 保湿も徹底(低刺激の化粧品を使う)
  • 運動は控える
  • 入浴やサウナも控える
  • アルコールも控えめに

以下から詳しく解説していきますね。

人と会う予定は入れない

ダーマペンの施術を受けると、顔全体が傷ついたように赤く腫れることが多いです。
すぐおさまることが多いのですが、それでも数日は見た目にわかる状態が続くことは珍しくありません。

ダーマペンの施術を受けたことを知っている家族などであれば会っても問題ないでしょうが、周囲に知られたくない場合は数日間は人と会わずに家で過ごすようにしましょう。

初めてダーマペンの施術を受けるときは特に、ダウンタイムがどれくらい続くか予想しづらいと思いますので、念のため長めにスケジュール調整しておくほうが安心できるのではないでしょうか。

紫外線対策を徹底(屋外での予定も入れない)

紫外線対策も重要です。肌がダメージを負っている状態ですので、刺激になるようなことは避けましょう。

日焼け止めをきちんと塗ることも重要ですが、帽子や日傘、大きめのサングラスなどを使って物理的に紫外線を防ぐことも大切です。

また、そもそも屋外での予定は極力入れないほうが良いでしょう。

屋外でのスポーツ観戦など、長時間屋外で過ごしていると紫外線の影響は避けられません。屋外に出るのは最低限にして、なるべく屋内で過ごすことをおすすめします。

保湿も徹底(低刺激の化粧品を使う)

ダーマペンの施術を受けたあとは肌が乾燥しやすい状態になっているため、保湿も重要です。
こまめに保湿をおこない、肌を乾燥から守りましょう

使用するスキンケア化粧品は低刺激のものを使うほうが安心です。普段使っている化粧品でもしみたりしなければ問題ありません。

美容クリニックではドクターズコスメを扱っているところも多いため、不安な方はクリニックで扱っているスキンケア用品を購入しても良いでしょう。

気になる方は、カウンセリング時に相談するのもおすすめです。

運動は控える

体温を上げないための対策として、運動は控えるほうが安心です。体温が上がると赤みや腫れが悪化することもあるからです。

ストレッチや軽いヨガ程度ならリラックス効果もあり良いと思いますが、ジョギングや筋力トレーニング、それから各種スポーツなど激しい運動は、ダウンタイム症状がおさまるまでは控えておくのがおすすめです。

入浴やサウナも控える

体温が上がってしまう行動としては、入浴やサウナも控えたほうが良いですね。

ダーマペンの施術を受けた当日は入浴は控えていただくようにお願いしていますが、2日目以降もダウンタイムの症状が出ているあいだは、シャワーで済ませるほうが体温が上がりにくく、肌のかゆみなども出にくいと考えられます。

サウナも体温が上がってしまいますから、控えたほうが安心です。

アルコールも控えめに

飲酒も体温を上げる行動のひとつです。ダーマペンの施術をしても飲酒は禁止ではありませんが、血行が良くなることによりかゆみや腫れが悪化することはあります。

ダウンタイム症状があるうちはなるべくアルコールも控えめにしておくほうが良いといえるでしょう。

また、深酒をして睡眠不足になったり食事が不規則になったりすると肌の回復を妨げてしまう面もありますから、なるべく規則正しい生活を心がけるようにしてください。

ダウンタイムの期間はダーマペンの目的ごとに違う

ダウンタイムの期間は1日でおさまる人もいれば、2週間ほど続いてしまう人もいて、個人差も大きいです。多くの方は、数日から1週間程度でおさまることが多いですよ。

そして、ダウンタイムの期間はダーマペンの目的によっても異なります。
皮膚は、以下のイラストのように「表皮」「真皮」「皮下組織」と層になっています。

ダーマペンのダウンタイムの過ごし方!施術後の注意点やダウンタイム症状について

ダーマペンの目的に応じて肌のどの部分にまで針を到達させるかを調整するのですが、針の深度によって、ダウンタイムも変わってきます

ダーマペンの針の深度と、ダーマペンの目的、ダウンタイムの期間の目安をまとめた表がこちらです。

対象となるお肌の悩みダウンタイムの期間目安
表皮ニキビや美白2日程度
真皮ニキビ跡や毛穴、たるみ2日~3日程度
皮下組織クレーターや傷跡4日~1週間程度

ダーマペンは目的に応じて針の長さを0.1mm単位で調整しています。

クレーターや傷跡の治療ではもっとも深くなりダウンタイムも長めになってしまいますので、あらかじめ心積もりをしていただくとよいと思います。

逆に、ニキビや美白といった目的での浅めのダーマペンであればダウンタイムも短く済むことが多いですよ。

まとめ

ダーマペンの施術を受けたあとのダウンタイムは、目的によって期間が異なります。

1週間以内におさまることが多いのですが、過ごし方に気をつけることでダウンタイム症状が早めにおさまることもあります。

逆に、紫外線を浴びたり保湿を怠ったりといったことがあると症状の悪化につながる場合もありますので、過ごし方には少し気をつけていただけると、ダーマペンの効果も十分に発揮されますよ。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

各院紹介