Loading...
医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院
フォトフェイシャル

フォトフェイシャルにはどんな効果がある?肌の悩み別の効果やおすすめの通い方を紹介 最終更新日: 2023.01.07

フォトフェイシャルにはどんな効果がある?肌の悩み別の効果やおすすめの通い方を紹介

フォトフェイシャルは継続的に通うことで肌の悩みに対処できる施術です。エステ感覚で通いながら医療レベルの肌改善ができるのが魅力で、さまざまな肌悩みに対応できます。

今回はフォトフェイシャルの効果と、実際に通う場合について、紹介いたします。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

フォトフェイシャルの効果はシミ・そばかす、それ以外の悩みにも

フォトフェイシャルの一番の効果といえば、シミ・そばかすです。特殊な光を照射することでシミやそばかすを薄くしていくことができます。

フォトフェイシャルの効果はそれだけにとどまらず、以下の肌悩みに対しても効果を発揮します。

  • 隠れたシミ
  • 毛穴の開き
  • くすみ
  • ハリ感
  • 小じわ
  • ニキビ・ニキビ跡
  • 赤ら顔

フォトフェイシャルはIPLという光エネルギーを使った美容マシンで、光の力で肌のターンオーバーを促します。

肌のターンオーバーを促し、その結果、シミが薄くなったり、肌がきれいになったりといった効果が得られる仕組みです。

フォトフェイシャルにはどんな効果がある?肌の悩み別の効果やおすすめの通い方を紹介

なお、フォトフェイシャルとはルミナス社の商標で、ルミナス社製のIPL機器を指す言葉です。ナチュライト、M22、ステラM22といった機種があります。

椿クリニックで使用しているのも、ルミナス社のナチュライトとM22です。

光治療のIPL機器には他にもライムライト、アキュチップ、ルメッカ、BBL、オーロラ等々、たくさんの種類があります。

美容メディアではこれらをまとめて「フォトフェイシャル」と呼んでしまっている現状もあり明確に区別されないことも多いですし、仕組みとしてはいずれも光エネルギーを利用して肌のターンオーバーを促すというものになります。

フォトフェイシャルは本当に効果があるのか?

シミ取りレーザーなどと違い、光治療はマイルドなイメージがあり、効果が本当にあるのか、不安に思う方も多いようです。

たしかにフォトフェイシャルは、フェイシャルエステのように、寝ているだけで終わる施術で強い痛みがあるわけでもありません。

しかし、そのマイルドなイメージの一方で、しっかりとした効果が得られるのが、医療機器であるフォトフェイシャルの特長です。

フォトフェイシャルはシミ・そばかすの治療として使われることが多いのですが、1回でも効果を感じられ、回数を重ねるごとに徐々にシミが薄くなっていくことが実感できます。

フォトフェイシャルにはどんな効果がある?肌の悩み別の効果やおすすめの通い方を紹介

シミ・そばかすを薄くする目的でフォトフェイシャルを受ける場合は、少なくとも3回程度、5回以上通っていただくことで、満足できる方が多いです。

その他、しわやニキビ、毛穴などの肌の悩みに対しても効果の現れ方は同じで、回数を重ねるごとに徐々に改善されていきます。一度で一気に改善されるわけではありませんのでご承知おきください。

また、お肌の状態によっては、フォトフェイシャルにプラスして別の治療を組み合わせることでより効果的に悩みにアプローチできる場合もあります。

お肌の状態を診て総合的にどんな治療が良いのかを決めていきますので、気軽にご相談ください。

フォトフェイシャルの効果ある通い方は?

フォトフェイシャルは1回でも効果を感じられますが、基本的には継続的に通うタイプの治療メニューです。

頻度:3週間~4週間サイクル
回数:5回以上が理想

必要な回数の目安ですが、目指すお肌の状態によっても異なりますので、患者様自身が、どのような状態になりたいのかをイメージしておくことも重要です。

フォトフェイシャルは1か月に1回程度の頻度で、5回以上通っていただくのがおすすめです。

目立つシミが薄くなればそれでいいという方であれば1~3回程度で満足される方もいます。5回程度通って終了したあと、また肌のコンディションを整えるために再開する、という方もいます。

初めてフォトフェイシャルを受けられる方は、まずは1回試してみて、それから続けるかどうかを判断していただくのが良いのではないでしょうか。

フォトフェイシャルのメリットは?

フォトフェイシャルにはどんな効果がある?肌の悩み別の効果やおすすめの通い方を紹介

フォトフェイシャルのメリットは以下の通りです。

  • 複数の肌の悩みに対処できる
  • 痛みがほぼ無い
  • ダウンタイムもほとんど無い
  • 続けやすい価格

まずフォトフェイシャルはシミ・そばかすをはじめ、多くの肌の悩みに対処できるというのが大きなメリットです。

しかも痛みもほぼなく、ダウンタイムもほとんどないので、エステ感覚で気軽に受けられます。1か月に1回程度で通うという頻度も、続けやすいと感じる方が多いです。

価格についてはクリニックによって違いますし1回数万円かかる場合もあるのですが、安ければ1回1万円程度で受けられます。1回あたり10万、20万とかかる施術ではありませんので、美容クリニックに慣れていない方でも試しやすいと思います。

フォトフェイシャルのデメリットや副作用、注意点

フォトフェイシャルのデメリットや副作用、注意点についても紹介いたします。
まずフォトフェイシャルの施術を受けられないのは以下の方です。

  • 妊娠中の方
  • レチノイン酸やハイドロキノンを使用している方

レチノイン酸は1週間前、ハイドロキノンは3日前から塗布を中止していれば施術可能です。
副作用としては、以下のものが挙げられます。

  • 炎症や色素沈着
  • 隠れていたシミが表面に現れる

もしこうした症状が現れた場合はクリニックに相談してください。

ダウンタイムはほとんどありませんが、赤み・腫れ・熱感・かゆみが現れる場合があります。いずれも数日で消失しますが、長引く場合はクリニックに相談してください。

その他、フォトフェイシャルのデメリットとしては以下のとおりです。

  • 何回も通う必要がある
  • まったくの無痛というわけではない
  • 肝斑が悪化することがある
  • 施術後は紫外線対策が必要
  • 施術を受けられない人もいる

肝斑については悪化する場合があるのですが、事前に医師がしっかり診察をした上で肝斑が出ているかどうかを判断しますので安心してください。

フォトフェイシャルの種類で効果に違いがある?

フォトフェイシャルの種類によって効果に違いはありますが、大きな違いがあるわけではなく、基本的な機能に違いはありません。

それ以上に重要なのは、施術者の技術です。たとえ最新のマシンを導入していても熟練したスタッフがいなければ十分な効果を引き出すことができません。

また、最新のマシンは実績が無く本当に効果があるのかがわかりにくいので、最新機種が良いとも限りません。

フォトフェイシャルとはルミナス社製の光治療機器のことを指しますが、その中にも種類があります。

椿クリニックでは以下の機械を使用しています。

  • Natulight(ナチュライト)
  • M22(エムニジュウニ)

ナチュライトはもっとも歴史のあるフォトフェイシャルで、歴史が長いため、実績があるのが魅力です。3種類のフィルターを使い分けることができます。

M22はナチュライトの後継機です。フィルターが6種類(最大9種類)に増えています。

冷却機能がナチュライトより進化しているため、より痛みを感じにくいのが特長です。いずれも人気のあるフォトフェイシャルで、実績も申し分ありません。

エステとフォトフェイシャル、どちらを選ぶべき?

エステサロンでも、フォトフェイシャルに似た施術をおこなっているところもあります。しかし医療レベルの機器はエステでは取り扱えませんので、エステで使用している機械で医療レベルの効果はないと考えてください。

エステがだめというわけではなく、痛みはまったくないと思いますし、気持ちの良いマッサージを受けて癒しが得られる、という効果はあるかもしれません。

ただ、シミなどお肌の悩みを改善したい方は、クリニックの美容施術のほうが満足できるのではないかと思います。

美容クリニックは高いというイメージを持っている方もいるのですが、実際には数千円からできる施術もあり、もちろん予算を踏まえた上で治療方針を決定していくので、必要以上に高額になることもありません。

癒しではなく治療を望む場合は、エステのほうがかえって無駄なお金がかかってしまうことになりかねないので、はじめからクリニックを選ぶほうが良いでしょう。

まとめ

フォトフェイシャルの効果は、シミ・そばかすの改善をはじめ、さまざまな肌の悩みに対応します。

痛みやダウンタイムもほぼなく気軽に受けていただける施術ですので、まずは一度試してみるのも良いと思います。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

あわせて読みたい記事

各院紹介