Loading...
医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院
フォトフェイシャル

フォトフェイシャルM22の効果とおすすめの通い方!レーザー・他のIPL機器との違い 最終更新日: 2023.01.07

フォトフェイシャルM22の効果とおすすめの通い方!レーザー・他のIPL機器との違い

フォトフェイシャルM22は、シミ・そばかすをはじめさまざまなお肌の悩みに対して効果を発揮するメニューです。

光治療の一種で、実績もあるので人気のあるマシンです。

このページでは、フォトフェイシャルM22の効果やおすすめの通い方などについてご紹介いたします。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

フォトフェイシャルM22はこんな人におすすめ

フォトフェイシャルM22はさまざまなお肌の悩みに幅広く対応できる機器で、こんな方にはおすすめです。

  • 薄くて小さいシミやそばかすを改善したい人
  • さまざまな肌悩みをお得にまとめて改善したい人

光治療はシミやそばかすの治療としては定番ですし、たるみや毛穴、くすみなどにも効果があるので、全体的に肌をきれいにしたい、という方にも人気のあるメニューです。

フォトフェイシャルM22にはどんな効果がある?

フォトフェイシャルM22の効果とおすすめの通い方!レーザー・他のIPL機器との違い

フォトフェイシャルM22は光のエネルギーを使ってメラニン色素にダメージを与えたり、肌のターンオーバーを促すことにより肌をきれいにしていく効果があります。

フォトフェイシャルは光治療の一種

光のエネルギーを使って肌のターンオーバーを促したりメラニン色素にダメージを与える治療のことを「光治療」と呼びます。

IPL (Intense Pulsed Light)と呼ばれる光を使用して、さまざまなお肌の悩みにアプローチするのが特徴です。

「フォトフェイシャル」も光治療の一種で、厳密には、ルミナス社という会社が開発した光治療マシンのことを指す言葉です。

フォトフェイシャルは光治療のパイオニア的存在のため、光治療=フォトフェイシャル、と認識している方も少なくありません。

光治療に使われる機器にはほかにも、ライムライト、ルメッカ、オーロラ(フォトRF)などいろんな種類があり、クリニックによって導入している光治療機器が異なります。

これらの光治療の機器の中でも、フォトフェイシャルM22にはどんな特徴があるのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

フォトフェイシャルM22はどんな機種?特徴を紹介

フォトフェイシャルM22の効果とおすすめの通い方!レーザー・他のIPL機器との違い

光治療に使われるマシンはいろんな種類があり、クリニックによって導入している機械は異なります。

それぞれに特徴があるのですが、フォトフェイシャルM22の場合は、以下の特徴があります。

  • 光治療のパイオニア、ルミナス社製
  • 6種類のフィルターで波長の設定を変えられる
  • 2013年に認可を受けた機械で実績がある

フォトフェイシャルM22は、ルミナス社のIPL技術が使われている光治療機器。ルミナス社は光治療やレーザー治療機器のメーカーとして世界的に有名な会社です。

フォトフェイシャルM22には6種類のフィルターが搭載されていて、設定を変えることで波長の深度を細かく調整できるのも魅力です。

また、日本では2013年に認可された歴史ある機種なので長い実績があるのも魅力です。こうした美容医療機器というのは、実は新しければ良いというものでもありません。

医師や看護師が機械を使いこなせるようになるまでには研修が必要で相応の時間がかかります。また、新しい機械は実績が無い分、どの設定にすればどんな効果が得られるかといったデータも蓄積されていません。

こうした医療機器は非常に高額でもあるので、最新機種を使うとそれだけ施術料金も高額に設定しなければならないこともあります。

フォトフェイシャルM22は十分な実績があり、料金も低く抑えられる機種でもあるので、高額な料金を強いることなく、気軽に受けていただける光治療を提供できるのが魅力だと思います。

レーザーとは違う、フォトフェイシャルの魅力

美容医療の機械といえば、レーザー治療機器も定番です。
レーザー治療は、レーザーの熱エネルギーを使うのが特徴で、光エネルギーとアプローチの方法が違います。

シミやそばかすのマシン治療としては光治療、レーザー治療の両方がありますが、このような違いがあります。

光治療レーザートーニングしみ取りレーザー
肌のターンオーバーを促し、シミを薄くしていく※5回以上の施術が理想低出力のレーザーで少しずつシミにダメージを与えていく※5回以上の施術が理想高出力のレーザーで一気にシミにダメージを与える※1回もしくは2回ほどでシミがなくなる

光治療とレーザートーニングは似ているように思われがちですが、治療方法のアプローチとはまったく異なります。ただ、料金には大きな違いがなく、通う回数も同じくらいなので、たしかに似ている部分も多いです。

光治療とレーザートーニング、どちらを選ぶかを考える上でポイントになるのが、肝斑の有無です。

肝斑がある・肝斑が疑われる場合には、レーザートーニングを選びます。光治療では、肝斑が悪化してしまうことがあるからです。

肝斑がない場合は、赤ら顔やニキビ、くすみなどさまざまな悩みに対してアプローチできる光治療のほうが好まれる場合が多いです。

光治療はレーザーに比べて痛みもほとんどありません。

フォトフェイシャルM22の効果的な通い方について

フォトフェイシャルM22を使った光治療は、月に1回程度の頻度で、3回~6回程度通うのが理想です。

1回でも効果を感じられますが、回数を重ねることで少しずつ肌をきれいにしていくのがフォトフェイシャルなので、せっかくなら複数回通っていたただくほうが効果的です。

費用は1回1~3万円に設定しているクリニックが多く、月1回ほどの頻度であれば無理なく続けやすい価格設定だと感じる方が多いようです。

ずっと通い続ける必要はなく、ある程度満足できたら通院は終了すれば良いですし、またお肌の調子が気になってきたということがあれば、再び通院されても良く、自由度の高い通い方ができます。

フォトフェイシャルM22の施術の流れ

フォトフェイシャルM22の効果とおすすめの通い方!レーザー・他のIPL機器との違い

フォトフェイシャルM22の施術の流れを紹介します。

  1. カウンセリング
  2. 洗顔・クレンジング
  3. 施術
  4. お会計、終了

カウンセリングでお肌の状態を確認します。
もちろん、カウンセリングだけ受けて、施術はやっぱりやめておく、というのでも問題ありません。

施術を受けられる場合は、施術前に洗顔をしていただきます。

施術後はすぐにメイクをしていただけます。施術後の肌はややダメージを受けた状態になっているので、紫外線対策は必ずしてください。

最後にお会計、必要であれば次回の予約をして、終了です。施術後は赤みがでることもありますが、数時間ほどで自然におさまることが多いです。

また、翌日以降、シミが濃くなってきますが、数日後には剥がれ落ちていきますのでご安心ください。シミが濃くなった状態が気になる場合は、コンシーラーなどでカバーしていただくのがおすすめです。

シミが剥がれ落ちると、施術前よりも少しシミが薄くなっていると感じる方が多いです。
回数を重ねるごとに毎回少しずつシミが薄くなっていきます。

フォトフェイシャルM22の注意点やデメリットについて

フォトフェイシャルM22はシミやそばかすの改善に最適なメニューで費用も安価なのでおすすめなのですが、注意点もありますので、ご紹介します。

フォトフェイシャルが受けられない人

フォトフェイシャルが受けられないのは以下に該当する方です。

  • 妊娠中の方
  • レチノイン酸やハイドロキノンを使用している方

レチノイン酸は1週間前、ハイドロキノンは3日前から塗布を中止していれば問題ありません。

また、肝斑がある方もフォトフェイシャルには向きませんが、お肌の状態にもよりますので、診察の上、医師が判断いたします。

施術を受ける際の注意点

フォトフェイシャルM22は大きなデメリットは特にないのですが、以下の点には気をつけてください。

  • かさぶたを無理にはがさない
  • 紫外線対策をおこなう
  • 保湿をおこなう

フォトフェイシャルにはダウンタイムは基本的にはありませんが、赤みや熱感などが出る場合があります。数時間~遅くとも数日で消失しますが、万が一おさまらないようであれば、クリニックにご連絡ください。

まとめ

フォトフェイシャルM22は光治療として非常に実績のあるマシンで、さまざまなお肌の悩みを改善できるのが魅力です。

効果が大きい上に料金も低めなのでとても人気があります。

椿クリニックでもフォトフェイシャルを取り扱っていますので、ぜひカウンセリングにお越しください。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

あわせて読みたい記事

各院紹介