Loading...
医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院

脂肪溶解注射で顔がたるんだ?たるむ人とたるまない人の違い!たるまず顔痩せする方法とは 最終更新日: 2022.12.09

脂肪溶解注射は脂肪を溶かして減らすことができる注射で、顔に打つことで顔痩せができます。
でも痩せると今度はたるみが気になりやすいもの。

実際、脂肪溶解注射を打ったことで顔がたるんだと感じる人もいます。脂肪溶解注射で本当に顔がたるむのでしょうか?

今回は、顔の脂肪溶解注射でたるんだ人とたるまない人の違いや、たるんだりせずに顔痩せする方法を解説します。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

脂肪溶解注射でたるむ人・たるまない人の違い

脂肪溶解注射で顔がたるみやすい人とたるみにくい人の違いにはある程度の傾向があります。
当てはまるからといって絶対ではないのですが、以下の傾向はあります。

脂肪溶解注射でたるみが出やすい人

  • すでにたるみがあった
  • 肌の弾力が少ない
  • 短期間で脂肪を減らした
  • 引き締め成分の入っていない薬剤を使った

もともとたるみがあった方だと、脂肪溶解注射を打つことによってたるみが強調されてしまう可能性もあります。
打つ場所が正しければたるみ感を和らげることもできるので、たるみがあるからといって脂肪溶解注射ができないわけではありません。

肌の弾力が少ない人も、たるみが出やすい傾向があります。

短期間で脂肪を減らした場合もたるみが出やすいのですが、これは普通のダイエットと同じですね。皮膚の収縮が追いつかずに皮膚が余り、たるみが出ます。

脂肪溶解注射の薬剤によっても差があり、引き締め成分が入った薬剤かどうかで違います。椿クリニックの顔用脂肪溶解注射はBNLS Ultimateという薬剤で、引き締め成分が入ったものです。

たるみが出にくい人

  • もともとたるみはなかった
  • 肌の弾力がある
  • ゆっくりと時間をかけて脂肪を減らした
  • 引き締め成分が入っている薬剤を使った

たるみが出にくい人は、もともとたるみもなく、肌に弾力があるタイプの人です。

短期間で脂肪を減らすのではなく少しずつ時間をかけて減らしていくことで、よりたるみにくくなります。

引き締め成分が入っている薬剤を使っていればより安心できるでしょう。

たるみを防止しながら脂肪溶解注射で顔痩せするには?

たるみを防止しながら脂肪溶解注射で顔痩せするには、以下のポイントが重要です。

  • 脂肪溶解注射の量は少量から始める
  • 複数回通って肌の状態を観察しながら進めていく
  • 場合によっては脂肪溶解注射以外の施術も検討する

たるみを防止するためには、少しずつ、ゆっくりのペースで進めていくと良いでしょう。

また肌の状態や脂肪の付き方によっては、脂肪溶解注射以外の施術のほうが向いている場合もありますし、複数のメニューを組み合わせることで理想的な顔痩せができる場合もあります。

ご相談いただければしっかりとヒアリングした上で最適な提案をさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

なお、たるみを防止するための方法としては、私生活も重要です。

皮膚の収縮を促すために、代謝がよくなるような生活を心がけましょう。具体的には、栄養バランスの摂れた健康的な食事や、適度な運動、十分な睡眠等です。

せっかくお金をかけてクリニックに通うのですから、寝不足など不摂生な生活をしていてはもったいないですよね。

日常でできることとして顔のマッサージをする方もいらっしゃいますが、マッサージは皮膚をこするため、摩擦でかえってたるみやすくなってしまう可能性もあります。

マッサージ用のクリーム等を使ったり、スキンケアのついでに短時間だけということであれば大丈夫です。しかし長時間肌をこするようなマッサージは控えていただいたほうが良いでしょう。

脂肪溶解注射でたるみが出そうな場合の対策

脂肪溶解注射でたるみが出やすいタイプかもしれないという方も、よかったら一度、ご相談ください。

「肌の弾力がある」とはどの程度の弾力を指すのか、「もともとたるみがある」とはどの程度のたるみを指すのか、判断は意外と難しいものです。

普通は自分の顔しか見ていませんから、自分の皮膚が普通よりどうなのかは判断しにくいです。日頃から多くの患者様を診ているプロであれば客観的に判断ができます。

必要に応じて、別の施術メニューの選択肢も併せてご紹介させていただきます。

脂肪溶解注射でたるみが出てしまった場合の対処法

顔の脂肪溶解注射を受けてたるみが出てしまった場合の対処法も紹介します。

もちろん基本的にはたるみが出ないよう最大限の注意を払って施術いたしますが、別のクリニックで脂肪溶解注射を受けてたるんでしまった、といった相談もお受けできます。

たるみに対してはさまざまな治療がありますが、椿クリニックでは、たるみ治療としては以下のメニューがございます。

  • 医療ハイフ
  • ヒアルロン酸注入
  • ボトックス注射
  • 点滴・注射
  • マッサージピール

お肌の状態によってはほかのメニューのほうが合っている場合もあるかもしれませんので、実際の状態を確認した上で、提案させていただきます。

また、代謝を上げるために栄養バランスに気を使った食事をするなど、肌が収縮するためにできることを日常的に取り入れるのもおすすめです。

栄養不足や睡眠不足では、どうしても肌のコンディションは悪くなりやすいので、健康にも気を配っておくと良いでしょう。

まとめ

脂肪溶解注射で顔がたるんだのでは、がっかりしてしまいますよね。

基本的には、施術前によく相談し、不安な点は解消した上で、納得して施術を受けることが大切です。

脂肪溶解注射は一度で終わる施術ではなく何度か通っていただくことを基本にしていますので、少しずつ様子を見ながら進めていくのがおすすめですよ。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

各院紹介