Loading...

医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院

たるみ・エイジングケア治療

ほうれい線のヒアルロン酸は何cc必要?知っておきたい注入量・持続期間・費用について解説 最終更新日: 2023.05.09

ほうれい線のヒアルロン酸は何cc必要?知っておきたい注入量・持続期間・費用について解説

ほうれい線のヒアルロン酸は、何cc必要なのでしょうか?必要な注入量がわかれば、費用についてもイメージしやすいですよね。

今回は、ほうれい線のヒアルロン酸について解説します。何cc必要なのか、持続期間はどれくらいか、さらに費用についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

ほうれい線はヒアルロン酸0.5cc~1ccでOK

ほうれい線のヒアルロン酸は何cc必要?知っておきたい注入量・持続期間・費用について解説

ほうれい線のたるみを改善するには、ヒアルロン酸の注入が効果的です。ほうれい線に必要なヒアルロン酸の量は、片側0.5ccから1.0ccが目安となります。左右両方だと1ccから2ccが目安ということになりますね

ほうれい線のへこみの部分にヒアルロン酸を注入することで、ボリュームを持たせて若々しい見た目に近づけることができます。

実際に何cc注入するかは、医師と相談の上決めていただくことになりますが、基本的にはほうれい線のへこみが大きいほど注入量は多くなります。

椿クリニックのヒアルロン酸注入プランはこちら

持続期間は半年~2年程度が目安

ほうれい線のヒアルロン酸は何cc必要?知っておきたい注入量・持続期間・費用について解説

ほうれい線のヒアルロン酸は、効果の持続期間が半年から2年程度と言われています。

半年と2年間ではかなり違いますが、これはヒアルロン酸の種類による違いや、もともとのほうれい線の深さなどによって変わってきます。

ヒアルロン酸は永久的な効果があるわけではなく、徐々に体に吸収されますが、5年程度は残っています。とはいえ徐々に吸収されていくため、半年から2年程度でまたほうれい線が気になるようになることが多いです。

効果が落ちてきた頃に再注入すれば、ほうれい線へのヒアルロン酸の効果はキープできます。再注入の場合は初回ほどの量は必要なく、初回の半分程度の量でも十分なことも多いです。

椿クリニックのヒアルロン酸注入プランはこちら

ほうれい線のヒアルロン酸注射にかかる費用は?

ほうれい線のヒアルロン酸は何cc必要?知っておきたい注入量・持続期間・費用について解説

ほうれい線のヒアルロン酸にかかる費用について解説します。ヒアルロン酸の施術は1本あたり(1ccあたり)いくら、といった形になっているクリニックが多いです。

ヒアルロン酸の施術は自費診療のため、クリニックごとに価格が大きく異なります。1本あたり安いものであれば3万円程度、高額なものであれば10万円程度が目安です。

安くても効果の持続期間が短いと、またすぐに再注入が必要になるので、ある程度持続期間が長く、高い効果が見込めるヒアルロン酸を選ぶのがおすすめですよ。

また、ヒアルロン酸の施術にはヒアルロン酸自体の料金だけでなく、ヒアルロン酸注入に対する施術料がかかるクリニックもあります。施術料は1回数千円に設定されていることが多いようです。

なお、ほうれい線のヒアルロン酸は両方で1ccから2ccが目安ですが、1ccと2ccでは料金が2倍変わってきますよね。何cc必要かは診察してみないと分からない部分ではあるので、まずは相談だけでもしてみるのがおすすめです。

椿クリニックのヒアルロン酸注入プランはこちら

まとめ

ほうれい線のヒアルロン酸は、手軽な施術にもかかわらず若返りの効果が高く、とても人気があります。顔の印象がかなり大きく変わりますので、ほうれい線が目立つ方は検討してみてはいかがでしょうか。

ヒアルロン酸は定期的な施術が必要ではありますが、数回注入すればある程度持続期間も長くなるので、コスパの良い治療ですよ。

椿クリニックではLINE登録をしていただくと「施術で使えるお得なクーポン」をプレゼントしています。予約もLINEから可能です。LINEでの相談予約はこちら

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

あわせて読みたい記事

各院紹介