Loading...

医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院

メディカルダイエット

脂肪溶解注射はお腹に何cc打てば効果がある?おすすめの量と気をつけたいポイントを解説 最終更新日: 2023.03.02

脂肪溶解注射はお腹に何cc打てば効果がある?おすすめの量と気をつけたいポイント

脂肪溶解注射は、最近注目を浴びている美容整形治療のひとつです。脂肪細胞を分解し、体内から排出することによって、脂肪の減少を促します。

お腹の脂肪を減らすために、脂肪溶解注射が用いられることもあります

目安量としては1部位あたり10cc~20cc。お腹のどの部位に打ちたいか、選ぶ部位の数によって目安量が決まるでしょう。

今回は、脂肪溶解注射をお腹に何cc打つのが良いのかについて、効果やリスク、注射の回数と量の目安について詳しく解説いたします。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

脂肪溶解注射はお腹に何cc打てば効果がある?

お腹は脂肪が多い部位なので、脂肪溶解注射を打つ場合の目安量は少し多めになります。基準となる目安量としては、10ccから20cc程度です。 

お腹は4つの部位に分けられる

お腹は4つの部位に分けて考えます。

上腹部・下腹部・左の脇腹・右の脇腹の4つです。 

脂肪溶解注射はお腹に何cc打てば効果がある?おすすめの量と気をつけたいポイント

それぞれの部位ごとに10ccから20ccの量を注射します。 

脂肪溶解注射はお腹に何cc打てば効果がある?おすすめの量と気をつけたいポイント

もしお腹の4つの部位すべてに脂肪溶解注射を打ちたいのであれば、全体としては40ccから80ccの量が必要ということになります。

ただ実際には、脂肪のつき方によって、どの部位に打つのが効果的かは変わってきます。注射の回数や量については、医師と十分に相談した上で決定するのが良いでしょう。 

椿クリニックの脂肪溶解注射プランはこちら

お腹の脂肪溶解注射は2~4週間ごとに5回以上がおすすめ

脂肪溶解注射はお腹に何cc打てば効果がある?おすすめの量と気をつけたいポイントを解説

お腹の脂肪溶解注射は2~4週間ごとに5回以上の施術をお勧めします。

脂肪溶解注射は2週間以上空けて受けていただくことをお勧めしていますが、脂肪の減り方を見ながら2週間から4週間の頻度で続けてみるのが良いでしょう。

脂肪溶解注射は1回で劇的に変わる施術ではないので、回数を重ねながら少しずつ脂肪を減らしていきます。

5回以上通っていただくことをお勧めしますが、「まずは1回だけ試してみたい」という始め方でも、もちろん問題ありません。 

椿クリニックの脂肪溶解注射プランはこちら

脂肪溶解注射のデメリット(副作用・リスク)

脂肪溶解注射はお腹に何cc打てば効果がある?おすすめの量と気をつけたいポイントを解説

これからお腹の脂肪溶解注射を試してみたい方のために脂肪溶解注射の副作用やリスクについても紹介致します。

ダウンタイム・副作用はほぼ無し

まず脂肪溶解注射のダウンタイムや副作用についてですが、ほとんどないと言っても良いでしょう。

副作用としては、内出血や腫れ、かゆみ、熱感などが表れる場合があります。筋肉痛のような痛みを感じる方もいらっしゃいます。

いずれも施術後数日から1週間程度で落ち着くでしょう。日常生活に支障をきたすような副作用はありません。 

脂肪溶解注射のリスク

お腹の脂肪溶解注射には、リスクも存在します。上記で紹介したような副作用が表れるリスクがあないとはいえません。脂肪溶解注射のリスクは、注射の回数や量が多いほど増加する傾向があります。

そのため、脂肪溶解注射を行う場合は、信頼できる医師による正確な施術が必要です。また脂肪溶解注射の薬剤によっては、成分にアレルギーをお持ちの方は受けていただくことができません。

椿クリニックで取り扱っている2種類の薬剤にはそれぞれアレルギー物質が含まれています。 

  • リバイタルセルフォーム:大豆アレルギーの方はNG
  • BNLS Ultimate:くるみアレルギーの方はNG

椿クリニックの脂肪溶解注射プランはこちら

まとめ

お腹の脂肪溶解注射は1部位あたり10ccから20ccが目安量となります。

お腹の部位は上腹部と下腹部、左右の脇腹と4つの部位に分かれており、それぞれの部位につき何 cc 打つのかを検討する必要があります。

注入量は医師と相談の上決めることができますので、不安な点などもしっかり相談し、納得の上で脂肪溶解注射を受けることが大切です。 

椿クリニックではLINE登録をしていただくと「施術で使えるお得なクーポン」をプレゼントしています。予約もLINEから可能です。LINEでの相談予約はこちら

椿クリニック おすすめプラン

よくあるご質問

脂肪溶解注射 何cc必要?

目安量としては1部位あたり10cc~20cc。お腹のどの部位に打ちたいか、選ぶ部位の数によって目安量が決まるでしょう。

脂肪溶解注射の投与量は?

もしお腹の4つの部位すべてに脂肪溶解注射を打ちたいのであれば、全体としては40ccから80ccの量が必要ということになります。

脂肪溶解注射お腹何回で効果?

お腹の脂肪溶解注射は2~4週間ごとに5回以上の施術をお勧めします。

無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

あわせて読みたい記事

各院紹介