Loading...
医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院
美肌・美白治療

40代の肌たるみ?加齢以外に関係する生活習慣とは 最終更新日: 2022.04.22

年齢を重ねた肌は、若い頃に比べるとどうしても肌たるみが起こりやすくなります。

しかし、実は加齢以外にも、生活習慣で肌たるみがあることをご存じでしょうか。
今回は、とくに40代の方にとって気になる肌たるみについてご紹介します。

加齢以外の肌たるみ

加齢以外に肌たるみが起こる代表的な原因について一部ご紹介します。

スマホで猫背に

近年、スマートフォン(スマホ)の普及に伴って猫背の悩みを抱える方もよく見かけるようになりました。
スマホを操作している体勢は、どうしても前屈みになりがちです。
長時間同じ姿勢でいると筋肉が固まってしまい、猫背の体勢が慢性化してしまうかもしれません。
さらに顔の筋力が低下することで、肌たるみも起こりやすくなってしまうのです。

<スマホ猫背を避けるために>

スマホの画面を見るときには、目線と同じぐらいの高さに保ち、体を前屈みにしないよう心がけましょう。
寝ながらのスマホ操作は体勢が不安定になるため避けましょう。
背中を伸ばした姿勢で、お尻全体で体重をしっかり支えるようにするとよいでしょう。

偏った食事はNG

必要な栄養素が不足していると、筋力の低下や血流が悪くなることにより肌たるみが起こりやすくなってしまいます。
とくに40代に入って運動量が少ないのに若い頃と同じような食生活をしている場合は要注意です。

<バランスのよい食生活とは>

糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルといった栄養素をバランス良く摂取することで体にとって必要な機能を保ちやすくなります。
糖質や脂質を少なくして、良質なタンパク質や十分な量のビタミン・ミネラルを積極的に摂るようにしましょう。

新鮮なお魚やお肉、ヘルシーな大豆はタンパク質源としてオススメです。
また、ビタミンの豊富な緑黄色野菜をなるべく多く食べるようにしましょう。
昆布やワカメといった海藻類やドライフルーツなどでミネラルを補給するのも大切です。

スキンケアの摩擦もダメージに

洗顔などスキンケアで肌に触れるときには、優しく丁寧に行うのが基本です。
たるみが気になるときには、いつものスキンケアを見なおしてみるのもよいでしょう。

<肌に優しいスキンケアとは>

洗顔料は、しっかりと泡立ててから使いましょう。
化粧水を使う時に、パッティングしようとして強く叩くのも避けましょう。
とくに肌が敏感になっているときには、敏感肌用のスキンケア用品を選ぶようにしましょう。

エクササイズでたるみケア

ここからは、自宅でできる簡単なエクササイズについてご紹介します。
たるみの原因である猫背にアプローチしていきましょう。

<猫背解消エクササイズ>

1.
椅子に両足をつけてまっすぐ座りましょう

2.
両手を前に伸ばして、手の甲をつけましょう。
おなかはやや丸めて、おへそを見るように下を向きます。

3.
おなかを前に出して肩甲骨を寄せるイメージで行います。
両手を後ろの下側へ動かします。手のひらは開いた状態で胸を開くイメージで動かしましょう。

(※痛みがあるときは、ムリをせずにできる範囲で動かしましょう)

クリニックで行えるたるみケア

ご自身でたるみケアするのが大変なときには、思い切って専門的な施術を受けてみてはいかがでしょうか。
ここからは、当院で行っている「マッサージピール」についてご紹介します。

マッサージピールとは

肌表面に蓄積している古くなった角質を、薬剤を使って取り除く施術です。
肌の奥深くにある真皮層までマッサージにより薬剤を浸透させるためコラーゲンの生成を促してお肌のハリや弾力を取り戻す働きが期待できます。

肌たるみ以外にも、くすみ、シミ、毛穴の開き、手や首のシワなどのお悩みがある方にオススメの施術です。

まとめ

40代の肌たるみは、加齢以外にもさまざまな生活習慣が関係しているかもしれません。
まずは生活習慣を見なおして、エクササイズなどで肌たるみの解消に努めてみましょう。

当院では、肌たるみに関して専門的なケアである「マッサージピール」を行っています。
繰り返し起こる肌のたるみに悩んでいるときには、いつでも無料カウンセリングをご利用ください。
それ以外にも、気になる肌状態があるときは医師の治療も受けられるのでお気軽にご相談ください。

あわせて読みたい記事

各院紹介