Loading...

医療脱毛と美肌治療なら椿クリニック
銀座院・名古屋院・心斎橋院

美肌・美白治療

これってゼオスキン失敗?椿クリニックの専門家があなたの疑問に答えます 最終更新日: 2023.12.07

ゼオスキンの副反応には、赤みや皮むけ、ニキビの増悪などがあります。

でもネットを見てみると、「失敗した」や「皮むけがないから失敗」などの情報がたくさんあります。どのような反応が起きるとゼオスキンが失敗と言われるのか、この記事で詳しく解説していきます。

ゼオスキン失敗?あなたの肌に本当に合ってる?

ゼオスキンを使用すると皮むけしたり、赤みが出たりと様々な反応が現れます。でも、皮むけしないし、ニキビがいっぱいできたなどのいわゆる「ゼオスキンに失敗した」という声もネットでは見かけます。ではなぜ失敗したと感じるのか、詳しく解説していきます。

ニキビができた

ゼオスキンを使用して、今までなかったニキビがたくさんできたという声があります。
ゼオスキンの特にセラピューティックプログラム(治療プログラム)では、開始してすぐは古い角質が剥がれていく反応期です。一時的に肌の中にあったニキビなどの排出物が出てくることがあります。これはトレチノインの排出作用によって起きる正常な反応で、この経過を経て、耐久期という肌にハリが出てくる次のステップへ移っていきます。

トレチノイン

外用薬では塗布部位の痒み、紅斑、熱感、皮むけが起こりやすく[2]、第三世代の合成レチノイドであるアダパレン(商品名ディフェリン)では受容体への選択性によって、使用中止につながりやすいこの副作用を改良している[3]。

引用:Wikipedia

皮むけしなかった

ゼオスキンは皮むけするものという認識が大きいですが、皮むけしないプログラムもあります。脂性肌の人やセラピューティックプログラムを使用したことがある人(耐性がついている人)なども皮むけはしにくくなります。また、皮むけする原因としては、ビタミンAが大きく関係しています。ビタミンAの濃度が濃くなればそれだけ皮むけをする可能性も大きくなります。

アレルギー症状が出た

ゼオスキンプログラムで使用するARナイトリペア、スキンブライセラム0.25、スキンブライセラム0.5は、ナッツアレルギーの方は使用できません。また、ミラミン・ミラミックスに配合されている「ハイドロキノン」はアレルギーを起こす可能性のある漂白剤です。椿クリニックは、アレルギー反応の有無を確認するために、まずは1週間トレチノインを使用せずにミラミンのみを使用してもらうようにお伝えしています。

ヒドロキノン

アレルギー性の接触性皮膚炎を起こすことがある[3]。「化粧品の安全性評価に関する指針2001」などに準拠して試験し、ハイドロキノンには一次刺激性があり、安定型ハイドロキノンには一次刺激性はない[7]。

引用:Wikipedia

皮むけ中の肌に刺激を与えた

ゼオスキンを使用して新しく色素沈着ができたという声も聞かれます。原因としては、皮むけしている肌に何らかの刺激が加わったことで、色素沈着ができたことが考えられます。
皮むけしている肌は様々な刺激を受けやすい状態になっています。そのため、紫外線対策の徹底が大事です。また、タオルなどによる刺激も受けやすくなります。優しく抑え拭きすることで、肌への刺激を極力減らすことが大事になってきます。

使用期間を守らなかった

ハイドロキノンを含む製品を使用する際は、肌への負担が大きいため、最長5か月間の使用を推奨しています。その後、2〜3か月はハイドロキノンを含む製品の使用を控えるよう、ゼオスキン公式で推奨しています。ゼオスキンヘルス製品の中では、ミラミン、ミラミックスに含まれています。

引用 ゼオスキンヘルス日本正規総代理店、キュテラ株式会社WEBサイト

皮むけする理由って?

ゼオスキンのプログラムによっては皮むけするものもあります。ではなぜ皮むけするのか解説していきます。

ビタミンAによる反応

ビタミンAは、古くなった細胞を排出し、新しい細胞を作り出す働きがあります。この働きにより皮むけが起こります。

  • ビタミンA (Vitamin A) とは、物質としては一般にレチノール(Retinol、アルコール体)を指し[1][2]、ビタミンA1としても知られる。
  • 日本で医薬部外品として化粧品に配合されたレチノールのシワ改善作用の効能表示が承認されているが[5]、皮膚刺激性と物質としての不安定な性質は問題視されている[6][7]。
引用:Wikipedia

ビタミンAが含まれる製品

  • デイリーPD
  • RCクリーム
  • Wテクスチャーリペア
  • スキンブライセラム0.5/0.25
  • トレチノイン0.05%(処方薬)

ゼオスキントラブルを避けるための正しい使用方法

ゼオスキンで失敗したと感じる原因について解説してきましたが、ゼオスキンでのトラブルを避けるために必要なことをお話していきます。

クリニックで診察を受ける

ゼオスキン商品は、医療機関専売品です。肌を美しく改善するために有効な成分を高濃度で含んでいるため、クリニックでの診察を受けて購入・使用できる商品です。ネットやフリマアプリなどで出回っている商品を購入し自己判断で使用することが、肌トラブルにつながります。

事前に経過を把握しておく

セラピューティックプログラムは高濃度ハイドロキノンとトレチノイン(ビタミンA)を使用した治療になります。

  • 反応期
    古い角質が剥離(開始から4~6週)この時期に皮むけが起こります
  • 耐久期
    肌に耐性、抵抗力がつき肌にハリが出てきます
    (反応期が終わった後の4~6週)
  • 完成期
    肌のトラブルが改善し、美しく健やかな肌へ
    (耐久期が終わった後の4~6週)

ゼオスキンプログラムを開始する前に、経過を把握しておきましょう。
皮むけが気になる方にはRCクリーム(バリア機能をサポートし、潤いを高め、滑らかな肌へ導く美容クリーム)がおすすめです。また、皮むけでごわつく肌には、肌状態により要相談となりますが、エクスフォリエーティングポリッシュ(ゼオスキンのスクラブ洗顔)もおすすめです。

自分に合ったプログラムの選択

肌が弱い方や、皮むけなどの副反応が気になる方は基本コースがおすすめです。
また、皮むけは気になるけど、セラピューティックコースでしっかりとケアしていきたいという方は、基本コースで肌をビタミンAに慣れさせてからセラピューティックコースに移るのもおすすめです。

自己判断しない

皮むけしないからとトレチノインの量を増やしたり、ニキビができたからとニキビ治療薬を使ったりしないようにしましょう。
不安なことや、気になることがある場合には医師に相談するようにしてください。ゼオスキンは1人1人の肌に合わせてカスタマイズできるため、自己判断で使用をストップしたり、量を増やしたりしないようにしましょう。

ゼオスキンを試したいあなたに、椿クリニックのサポート体制

椿クリニックのゼオスキン治療とは?

しっかりと効果を出していく、トレチノイン製剤を用いたセラピューティックプログラム

洗顔

  • ジェントルクレンザー
  • ハイドレーティングクレンザー
  • エクスフォリエーティングクレンザー
    各 6,160円(税込)

化粧水

  • バランサートナー
    7,040円(税込)

透明感ケア

  • ミラミン
    14,800円 (税込)

エイジングケア

  • ミラミックス
    13,640 円(税込)

導入

  • RCクリーム
    15,400 円(税込)

日焼け止め

  • サンスクリーンプラスプライマー
    8,360円(税込)
  • BSサンスクリーン
    12,320円(税込)

6本セット
65,400円(税込)→初回30%OFF45,780円(税込)
サンスクリーンプラスプライマーを選択した場合の価格です。
トレチノイン代金として別途 19,800 円 (12週分)〜 29,700 円 (18 週分)が必要です。

副反応をできるだけ避けたい方への化粧品のみの販売の基本プログラム

洗顔

  • ジェントルクレンザー
  • ハイドレーティングクレンザー
  • エクスフォリエーティングクレンザー
    各 6,160円(税込)

角質ケア

  • エクスフォリエーティングポリッシュ
    15,400円(税込)

化粧水

  • バランサートナー
    7,040円(税込)

ビタミンA導入

  • RCクリーム
    15,400円(税込)
  • デイリーPD
    21,780円(税込)

日焼け止め

  • サンスクリーン
    プラスプライマー
    8,360円(税込)
  • BSサンスクリーン
    12,320円(税込)

5本セット
52,360円(税込)→初回30%OFF36,652円(税込)
RCクリームとサンスクリーンプラスプライマーを選択した場合

ゼオスキン使用時のクリニックのサポート

椿クリニックでは、アフターケアまでサポートしています。
ご自宅に帰られてからも、ご不安なことや心配事はお電話でも受け付けております。ゼオスキンは副反応が大きく出る治療でもあるため、自己判断せずすぐにご相談ください。
また、商品のご購入後も、何かありましたら無料で診察をしております。赤みや皮むけなどご不安がありましたらいつでもご連絡ください。

椿クリニックの「関わる方すべてを笑顔に」の理念

  • 治療の痛みや不安をきちんと聞き取り、お一人お一人に合わせた施術を安心してお受けいただけるように配慮しています。
  • お電話を頂いた瞬間から、ご来院中、お帰りの瞬間まで、気持ち良くご安心していただけるように、電話の対応、実際に患者様に接する際のマナーや笑顔の教育に力を入れています。

まとめ

ゼオスキンによる肌トラブルは、誤った使用や個々の肌の状態によって生じることがありますが、ビタミンAの正常な反応による皮むけも含まれます。正しい使用方法を理解し、専門家の指導のもとで適切なケアを受けることでトラブルは回避できます。椿クリニックでは、個々の肌の状態や目的に合わせたゼオスキン治療とサポートを提供しています。ゼオスキンの治療を迷っている方は、まずは椿クリニックにご相談ください。

「ゼオスキンヘルス」について詳しくはこちら
無料カウンセリング予約 皆さまのお悩みやご質問をお伺いします。まずは、お気軽にご予約ください。
LINEでの予約(かんたん、60秒で入力完了!)
お電話での予約

あわせて読みたい記事

各院紹介